--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    09

    ――目次・作品紹介――




    ――連載小説簡易紹介――



    ★ 『リシアンの契約』 …<喪失と奪還の冒険譚>

    呪いと祝福に満ちた夜の夢の世界、<常闇の世界>を舞台に、たったひとりの家族を失った少年が、とある約束を叶えるために<蝋燭(ろうそく)の灯しびと>となり、世界を照らしはじめる、セイント&ダークファンタジー。


    ★ 『夏芽楽団交響曲』 …<愛と約束のメロディアス・ロマン>

    命をかけた約束と引き換えに何でも叶う、愛と音楽の楽園世界<朝顔の世界>に導かれた少女・夏芽が、自らに秘められた可能性…、そう、バッドエンドが両手をあげて降参し、運命をもがひれ伏す、<女神に愛された子>としての能力を開花させる、アレグロ・シンフォニア・ファンタジー。




     『鏡の森のエトワール』 …<光と闇の幻想美術館>

    絵本のような美しい常冬の世界<写しみの世界>を舞台に、ある美しい少年に恋をした少女「エトワール」こと、エヴェリーナ・スワンが、宝石の魔獣を統べる魔王「カゲハ」と、絶滅した青色月光蝶「月花」の物語に関わってゆく、ドラマチック・ビューティフルファンタジー。


    ★最新作 『ミッドナイト・ロストサマー』 
    (連載中)

     抱いた闇が、すべてを壊す前に。
              “――さあ、絶望の運命に、立ち向かえ。”


    母親が失踪し、心を閉ざした不良少女・千夜が、自らを「炎に誓いし暗黒仮面」と名乗る中2病患者・チカや、暴走族・ヴァルハラレディースの少女達と出会い、黒い噂が絶えない「施設」こと、青少年公正施設の謎にせまる、<新・青春疾走譚>。

    二章からは一転して、ダークファンタジー、「施設<オルタナティブ・ダークナイト>編」に入ってゆきます。



    ・習作・

    ☆ 『サンクチュアリできみとダンスを』
    …罪と罰のフェアリーテイル・イノセントロマンス



    ・卵の段階の未公開作品・

    ☆ 『黄昏妖人異国館へようこそ』

    人と妖が共存する“現存する最良の地<ファンタジア>”=夕暮れのレトロワールド―<黄昏の世界>で生きる人々と、彼らを繋ぐ大使館、通称「浪漫館」の奮闘を描いた、「妖人賛歌年代記<モダン・ハートフルクロニクル>」
    (リンクはツイッター内で呟いた、初期設定まとめとなります)



    →全作品の詳細解説はつづき(Read more)から。→→→





    関連記事
    スポンサーサイト
    07

    『鏡の森のエトワール ― - (( The Beautiful Grim ))- ―』


    「小説家になろう」というサイトさんで、
    現在、『エトワール』を連載しております!



    『鏡の森のエトワール』 ― - (( The Beautiful Grim ))- ― 


    加筆修正と、オリジナルエピソードを盛り込んでありますので、

    『エトワール』を最後まで読んでくださった方も、
    はじめましての方も、途中までしか読んでないぜ!という方も、

    ぜひ、この機会に、ぶらっとお越しください!

    なろうでは現在、『夏芽楽団交響曲』『リシアンの契約』等、旧作と、

    当ブログでも連載中の『ミッドナイト』の加筆修正・解説、
    前書き・後書きつきの、
    ちょこっとスペシャルなバージョンも連載しております!

    よろしければ、こちらもぜひ、のぞいていってくださいね!

    みなさまのご来訪、作者レオが、のんびりお待ちしております!

    当ブログの方でも、
    なろうにはない、スペシャルな企画・コンテンツなどを、

    たくさん載せていくつもりですので、
    「なろう」・当ブログ共々、これからもよろしくお願いいたします!

    それでは、宣伝はここまで!

    明日は『ミッドナイト』の、「登場人物の名前の秘密・ネタバレ企画」
    <チカ編>をお送りしたいと思います!

    ではでは!長文乱文失礼しました!*

    関連記事
    23

    『リシアンの契約』 ~非公開設定資料・舞台編~

    長らくサイトを留守にしてしまっていたので、
    (遅まきながら!)お詫びの気持ちをかねて、これまで一部を除き、
    未登場だった『リシアンの契約』の設定資料を一部公開いたします

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ~12国と神と王~

    ・この世界の名は「常闇の世界」。
     朝も昼間も存在しますが、なぜか、「明けない夜の世界」と呼ばれています。

    ・それぞれの色の名を関した、風土も人種も宗教もまったく異なる12の国には、各1柱の「神様」がおり、神から力を授けられた、ひとりの「王」がおさめています。

    ・王達はそのそれぞれの祝福(能力)の対価として、裏返しの呪いに縛られ、本当の名前(真名)の束縛からも、逃れることはできません。

    ・王は、「上位法」という、もっとも強い祝福と呪いを一心に背負い、民は、「従属法」として、まちまちながら、ごく軽い祝福と呪いを与えられています。

    ・その呪いを重荷に思い、窮屈な暮らしをする王達。
     ですが、たったひとつ、その理から外れた国も近年出現した模様です。

    『さて、この世界で唯一の家族を失った少年、“リシアン”は、何を失い、何を得るのか。 
     喪失と奪還の物語は、ここからはじまります。傍らには、黄金の瞳の使い魔。
     彼らの冒険譚が、はたして何を変え、何を変えないのか。
    ―― “我ら”と共に、見守っていきましょう。“コール”。』


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    <主要9国> ~信仰対象とモチーフ国つき~

    ・青の国 「自然遺産で知られる、聖なる国」
       ……信仰対象―聖女(聖ルチア)(カトリック)

    ・赤の国 「血を血で洗う、蛮勇なる戦士達の国」
       ……信仰対象―戦神(ゲルマン神話)


    ・紫の国 「知恵と神秘の、高貴なる霊国」
       ……信仰対象―知の神(知恵と謎かけの女神)(エジプト) 


    ・黒の国 「誇り高き魂を抱きたる、騎士の国」
       ……信仰対象―剣神(ドイツ)  

    ・白の国 「世界で最大の国土と人口を誇る、敬虔なる大国」
       ……信仰対象―父なる神……(ユダヤ・キリスト教)


    ・黄の国 「獣達と機械が共存する、新時代の喜びの国」
       ……信仰対象―獣神 

    ・橙の国 「ランプの精が至るところに出現する、夢と希望と魔法の国」
       ……信仰対象―魔神(アラビア) 

    ・緑の国 「絶対防御を誇る、堅牢なる竜の国」
       ……信仰対象―竜神(スウェーデン)


    ・灰の国 「破滅に至った、灰の舞う砂漠の国」
       ……信仰対象―破滅の神(ギリシャ)(ゾロアスター教)


    <二大国>

    ・金の国、銀の国 「きらびやかな宝石に溢れた貴族達の双子の国」
        ……信仰対象―双子の貴神



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    <隠された国>

    ・透明の国

    「謎に包まれた妖精たちの住まう、御伽話(おとぎばなし)のネバーランド」
                    ……信仰対象―不明……

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    <新たに現れた13国目>

    ・???

    「12の国すべてを内包し、あるいは飲み込もうとする、
           世界律から外れた禁断の理想郷<ユートピア>」
                 ……すべて不明……






    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    11

    『リシアンの契約』 目次



    ★最新更新★ *3月16日*
    下から三番目に掲載の、<登場人物紹介・ネタバレ含む改訂版>
    の末尾にぷちトオヤイメージイラスト追加


    ※金色のタイトルをクリックするとそのページに飛びます。

     
     <全体解説~そこに希望があるかぎり~>
      (はじめましての方にもおすすめ。ざっくり内容を解説。)

     <登場人物紹介>

     <設定資料~紫尾編~>

     <世界設定・舞台編>

     <おまけ・人名事典>~ブラックメイデン編~ 
      主要キャラクターの名前の意味・由来など。
     →この世界ではそれぞれの名前がかなり重要な鍵となっているので、
      知っていると本編がよりお楽しみいだだけます。

    <本編>

    『リシアンの契約Ⅰ』


     第1話 蝋燭(ろうそく)の灯しびと 

     第2話 アガシオンはかく語りき

     第3話 すべては約束の定め

     第4話 聖女の系譜
     
     第5話 ツァラトゥストラの眠り病

     第6話 きみを救う魔法~前編-呪いの名~

     第7話 きみを救う魔法~-後編-解放の名~

     第?話 過去と未来のぼくへ。

     最終話 きみの、ほんとうのなまえ

     最終話~解説~(解答編。ネタバレを含みます。)


    『リシアンの契約Ⅱ』

      
     第0話~夜色の来訪者~

     第1話 すべてに呪いあれ、ときみは望んだ

     第2話 すべての呪いが朽ちるとき

     第3話 ひとつの悪が芽吹くとき

     第4話 ひとつの祝福が満ちるとき
    (※一部スプラッタな表現あり。心臓が弱い方はご注意ください)


     第5話 愛と憎しみは果てなく
      
     第6話 女神(ガデス)の憂い

     第7話 すべての嘆きの果てに

     番外編 リシアンの契約 DAWN WORLD 太陽の国
             ~やがて夜明けは訪れる~

     
     第8話 ナイトメアは語らない

     最終話 この冷たい現実で


    番外編Ⅱ 黒の騎士乙女<ブラックメイデン>編

     第1話 騎士王の恋 

     第2話 純潔の愛

     第3話 ―優しい死神― ヴァルキューレの純情                 
     
    ブラックメイデン編 後日談

     ブラックメイデン・アフターロマンス ~祝福の果実~                     
     
     ブラックメイデンアフターロマンスⅡ ~蛮行の剣(つるぎ)~
     
     ブラックメイデンアフターロマンスⅢ ~聖夜の晩餐~

     ブラックメイデン・アフターロマンスⅣ ~新年は触らぬ神にたたりなし~前編

     ブラックメイデン・アフターロマンスⅣ ~新年は触らぬ神にたたりなし~後編

    ・おまけ・

    『わたしの狼~ブラックメイデン・アフターロマンス~』 (※ブロとも限定記事)
    (少女王・メイサと青年×××セドウィグさんの過去回。
     セドウィグさんの秘められた過去が明らかに…?)


    本編後日談 <アフターエンドロール>編

     第1話 “愛染”~幸せの花は咲く~

     第2話 “愛染”“ヴァイオレット”~喧騒に燐光~

     第3話 “セドリック”~死神の悩み~                                   

     第4話 “篠乃”~真相は闇のなか~

     第5話 “メイサ”~ぼくらは夢のあとで~

     第6話 “涙花”~この愛しい世界で~

     第7話(最終話) “×××”~ネバーエンド、ハローグッバイ~


     <~あとがきにかえて~>

    後日談・その後

     リシアンの契約β~いつか咲き誇る花へ~


    後日談最終話(真の最終話)…※ブロとも限定・特別公開エピソード

    『リシアンの契約β  きみの、“ほんとうの願い” 前編』 

    『リシアンの契約β  きみの、“ほんとうの願い” 後編』

    <おまけ・捧げ物>
     
    (リオンと紫緒をすきになってくれたかのへ!)
     アフターエンドロール “理緒” ~ひとつの夢が咲くとき~
     アフターエンドロール “理緒”Ⅱ ~ひとつの恋が叶うとき~

    <登場人物紹介・ネタバレ含む改訂版> <イメージソング>

     外伝<アウト・ヒストリア>編 code.-トオヤ・クロニクル-

     『拝啓(はいけい)、うちの亭主は関白(かんぱく)にすぎる』 
     (~ブラックメイデンアフターロマンス特別掲載<新婚編>)


     アフターエンドロール “愛染”“篠乃” ~ひとつの願いが芽吹くとき~


     ~アウト・ヒストリア~-code.0“その名を識れと彼らが囁く” ‐

    関連記事
    05

    『夏芽楽団交響曲』設定集1 <登場人物紹介>


    ★最新更新★
    8月5日 ちまっと加筆修正しました。



    ・夏芽(空橋夏芽/そらばし・なつめ)


     主人公。
     元気だけが取り柄の、普通?の少女。
     一人称は「わたし」
     「夏」を象徴するような、明るくはつらつとした少女。
     短めの黒髪をポニーテールにしていることが多い。
     
     ややおバカなところはあるものの、なつっこく優しい子。
     女神級の愛に溢れた、エヴェレットの秘蔵っ子。

    ・空橋春花(そらばし・はるか)(?)
     
     夏芽の姉。
     行方不明?


    ・酩酊博士(めいていはかせ)(ミスターボンソワール)

     こちらとあちらを繋ぐ音楽喫茶である、
     <カフェ・ボンソワール>のマスター。

     自らを<探偵伯爵>と名乗る謎の老紳士。
     銀色の髪と立派なヒゲが特徴。
     常にステッキをもっており、シルクハットをかぶっている。
     一人称は「私」。

    ・ヴィオロン
     
     フランス語でヴァイオリンを意味する、
     金色の翼を生やしたねこ。
     瑠璃色の身体に、翼と同じ金色の目。
     またの名を、<共鳴と増幅のヴィオロン>
     ヴァイオリンに宿った朝顔の世界の精霊。

    ・ハルピィア
     
     桃色と瑠璃色の毛が混じる翼を生やした美しい女性。
     両手が翼になっている。
     目はピンクがかった鮮烈な薔薇色。
     瞳孔は真紅と金色(切り替わる)。
     唯音の<翼>。
     
     美しい声で破滅に誘うセイレーンにも似た妖魔、
     <ハルピュイア>に似た名と容姿を持つ美女。
     聖と魔とを行き来する神霊。
     
     一人称は「わたくし」。


    ・唯音(君島唯音/きみじま・ゆいね)
     
     まだ中学生だが、
     天才的ヴァイオニスト、兼作曲家。
     ロシア人とフランス人のハーフ。
     透明で可憐な美少女(?)
     
     やや金よりのプラチナブロンドで、ふんわりさらさらのボブ。
     朝露に濡れた若葉のような美しい瞳。
     肌は粉雪のようにまっさらで、きめが細かく、柔らかそう。
     指は長く繊細。
     全体的に華奢で小柄。
     
     一人称は「ぼく」。
     「秋」を象徴するような理知的な性格。
     「~くれたまえ」など、なぜか昔の書生さんのような口調。
     
     少々理屈っぽいのが難だが、
     純情・一途・誠実・可憐と向かうところ敵なし。

     本名はブリジット・スワンだが、その名で呼ばれることを嫌う。

     特異体質で、性別にある重大な秘密がある。

    ↓唯音イメージイラスト(瞳の色と髪の色など、細部は違います。あくまでイメージなので注意!)


    ↓唯音の瞳イメージ。
    (ペリドット(別名イブニングエメラルド)という宝石)
    ペリドット 唯音 涙

    唯音の髪型イメージ
    (髪型のみ。唯音本人の場合、髪色は金寄りのプラチナブロンドです)

    d6787152937c71576ca3689195b6bcdb.jpg







    ・永遠音(君島永遠音/きみじま・とわね)(エトワール)
     
     唯音の妹。
     全世界が注目するバレリーナ界の幼きヒロイン。
     フランス人形のように愛らしく、
     唯音同様、ずば抜けて可憐な少女だが、常に無表情・無口。
     「冬」を象徴するように、心を閉ざしている。
     一人称は「永遠音」。
     永遠音は日本での名で、本名は、エヴェリーナ・スワン。
     天使のような銀髪に、灰がかった薄青の瞳。
     『鏡の国のエトワール』では主人公。

    永遠音イメージ画像1



    羽化 | Dhiea [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35969353 

    永遠音イメージ画像2



    ・烈火(愛染烈火/あいそめ・れっか)
     
     母がイタリア人、父がスペイン人の、
     イタリア系のオペラのプリマドンナ。
     一人称は「あたし」。

     オレンジがった黄金の髪を細かくらせん状に巻いていて、
     瞳は炎を宿した宝石(ファイヤーオパール)のよう。
     ファイヤーオパール2
     ファイヤーオパール


     女神に愛された美貌と謳(うた)われるだけあり、
     どこからどうみてもゴージャスな美少女にしかみえないが、実は男子。
     
      芸名は、カロリーナ・フィオレンツァ
     (満開に咲き誇る自由の花)

     非常に世話好きで、人情的かつ、情熱的。
     
     女子の格好をしているのには深い理由があり、いわゆるオカマではない。
     
     華やかで美しい容姿とカリスマ性で、
     周りの女子達のファンションリーダー兼アイドルとなっており、
     女子人気は非常に高い。

     実は好きな女子がいるが、秘密である。

     
     



    イメージストーン・オレンジスファレライト
    kimg_orange-sphalerite.jpg



    ・エマ(犬飼絵馬/いぬかい・えま)

     とある世界から、この朝顔の世界にやってきた、
     多重世界の旅人<エヴェレット・トラベラー>。
     芸術によってなりたつ朝顔の世界で、
     学問を専攻する異端児にして、才女。
     
     紫色の斑点が散る印象的な暗緑の瞳に、
     こんがりとした、
     ややブロンドが入ったような光沢を持つ
     美しいアッシュブラウンのゆるい三つ編みが印象的。
     一人称は「私」。

     絵画から抜け出たような頭ひとつ抜けた容姿だが、
     金星の女神ヴィーナスを思わせる烈火の正反対にして裏側、
     明けの明星である、
     「喪失に嘆くもの」を思わせる、影のある美貌。
     

     唯音同様、理知的で賢いが、あくまでクールで、ミステリアス。
     本名はエマニュエル・アンダーソン。

    ・リリカ
     
     エマの守護聖霊。
     きりっとした切れ長の青い瞳に、
     燃え立つような長い赤毛をポニーテールにした女性。
     
     毅然とした容姿・性格で近寄りがたいが、
     エマの前では、とろけそうな柔らかい表情で、
     年の離れた姉や母のように、
     かいがいしく包み込むような愛情をそそぐ。
     
     片方だけの朱金色の翼を持つ、
     鳳凰(ほうおう)であり、朱雀(すざく)でもある存在。
     エマの命の恩人であるが、誓約により、彼女としか話せない。


    ・月花(つきか/夜宮月花/よるみや・げっか)

     月のような銀色の瞳に、瑠璃色の髪の少年。
     信じれられないほど美しいクリスタル・ボイスを持つ少年。
     
     月花は義理の母親につけられた幼名で、
     もうひとつの名はリュネット・バレンタイン。

     永遠音のかじかんだ心を開こうとする謎の少年。

     一人称はぼく。
     名前と容姿から、あのキャラクターを思わせるが…。





    (おまけ)

    ・有斗(姫川有斗/ひめかわ・あると)(ジュリエット)
     
     緑がかった特徴的な黒髪に、ピンクがかった薔薇色の瞳。
     七色の声を持つ美しい歌姫。
     ソプラノからバス、
     はたまた声帯模写・変装まで完璧にこなす超人。

     一人称ははオレ(歌姫時にはわたくし)。

     烈火と同じく男だが、
     性別を隠し音楽活動をするのにためらいを感じている
     (それどころか、無理やり深窓の令嬢を演じさせられていることに、
      強く反発している)。

     普段は短髪に、青いカラーコンタクトをしている。
     
     女っぽく振る舞う烈火とは真逆で、
     口調は乱暴で普通に男っぽいが、いじられキャラ。
     
     「イヴ・ジュリエッタ」
     というとても恥ずかしい芸名をつけたマネージャーを恨んでいる。
     出番がなく消えてしまった残念キャラクター。
     でも、お気に入りなので、
     いつかどこかで活躍させてあげたい。


    *頂き物*

    ブロ友さんのNicolaさん(KNOW ME)から頂いた夏芽!
    20131219145552117.jpg


    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    02

    『リシアンの契約~アウト・ヒストリア~-code.0“その名を識れと彼らが囁く” ‐』



    ( リシアン  )


    ( ( リシアン ) )



    “ぼく”を呼ぶ声だ、とぼくは思う。

    静かに反響する声。
    ああ、ここは海だ、とおぼろげに思う。

    ぼくの口からこぽこぽと泡がもれる。

    苦しくはない。
    むしろ、心地よい。
    その深海は、羊水のようで、その水底はぼくを抱く腕(かいな)だ。

    柔らかで静かな気配が、やがて近くに降り立った。


    『リシアンサス』
    関連記事
    25

    『リシアンの契約α アフターエンドロール “愛染”“篠乃” ~ひとつの願いが芽吹くとき~』

    「元気かクソババア!」



    昼下がり、少女は大きな声でどんどんと扉を叩いた。



    関連記事
    19

    『夏芽楽団交響曲』 <恋情編・特別編> “怯える小鹿の前奏曲<プレリュード>”

    僕の話をしよう。
    マルシェ・オーガスト・ブルーレインの話を。

    そして、まだ怯える小鹿だった頃の、その子の話を。

    そう……恋情に満ちるには幼すぎた、“はつ恋の前日譚”を。
    関連記事
    16

    『鏡の森のエトワール』 目次

     『鏡の森のエトワール』
    *最新更新 3月16日 <登場人物紹介>に月花イメージイラスト追加

    <作品紹介>

    <登場人物紹介> <イメージソング>

    ~第0話“セレナーデとヴィーゲンリート”~

    ~第1話“ようこそ鏡の童話展へ”~
    ~第2話“魔性の瞳と迷子の娘”~

    ~第3話“エレジーなんていらない”~
    ~第4話“トロイメライでダンスを”~

    ~第5話“群青の蝶”~
    ~第6話“トラゲーディエをぶち壊せ”~ 

    ~第7話 “ロストシンフォニーの奪還”~
    ~第8話 “ノクターンにキスを”~

    ~第9話 “レチタティーヴォに終止符<ピリオド>を~
    ~第10話 “嵐の晩にさよならを”~

    ~第11話 “真珠烏と月光の蝶”~
    ~第12話 “死のもとに舞う”~

    ~第13話 “姫巫女と幽霊の鳥”~
    ~第14話 “フィナーレには早すぎる”~

    ~第15話 “ほの暗い洞窟(やみ)のなかで”~
    ~第16話 “亡き母のためのアリア”~

    ~第17話 “レクイエムなんか許さない”~
    ~最終話 “エウカリスティアには遅くない”~


    ~?話 “マリアージュには早すぎる”~

    ~エピローグ~
    “P.S.交響曲<シンフォニー>は眠らない”





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手・コメント等いただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif
    関連記事
    10

    『夏芽楽団交響曲』 目次

    ~作品紹介~

     第0番 “ロスト・プレリュード” ―それは、失われた序曲<プレリュード>

     <登場人物紹介> <イメージソング集>


    <恋情編Ⅰ> ―それは、運命の前奏曲。

     協奏曲“恋情” 第1楽章“はつ恋”―それは、蕾(つぼみ)芽吹く(めぶく)日常。

     協奏曲“恋情” 第1楽章“はつ恋”(2)―それは、花開く日常。

     協奏曲“恋情” 第二楽章“告白”―それは、動き出す運命の歯車。


    <運命編>

     間奏曲<アントラクト>“貴方様の翼に” -それは、秘められた想い。

     交響曲第6番“運命” -それは、旅の終わり。

     交響曲第8番“飛翔” ―それは、さしのべられた手。

     交響曲第12番“誕生” -それは、はじめての、約束。

     “天国と地獄” -それは、“光と闇”の狭間。

     “メサイア”―“清らかな女神よ” -それは、喪失へ贈る答え。

     “英雄”<ヒーロー> ―それは、世界で、たったひとりの。 

     “ラ・カンパネルラ” ―それは、救済の調べ。

     “新世界より” ―それは、永遠に朽ちない魔法。

    <恋情編Ⅱ>

     “秘密” -それは、ひっそりと咲く花。

     “秘密”~finale~ ―それは、はじまらないけれど、終わらない物語。

     “追想”<カノン> ―それは、幸福へと至る悲劇。




    <番外編>

     練習曲<エチュード>第1番 “人形姫”(未完成) ―それは、雪解けの旋律。
     


    <“展覧会の絵”編> ―それは、世界に魅せられた少女の人生譚。

      第一幕“魔法使いの娘” ―それは、聖なる領域。
      第二幕“不死鳥” ―それは、暁をみつめる宵闇の娘。

        ・・・


     第?幕“ある兄妹のための前奏曲” ―それは、錆びついた歯車時計の動き出すとき。 
     終幕“アメイジング・グレイス” ―それは、永遠の愛。

     プロローグ、あるいは永遠のはじまり “主よ、人の望みの喜びよ”
    (こちらはツイッターにあげたもののまとめとなります) 

     終幕“アメイジング・グレイス” ~回答編~ 


    <恋情編Ⅲ>

     “熱情<アパショナータ>”-1--それは、永久再生の翼。


     “熱情<アパショナータ>” -2-―それは、革命の音。

     “熱情<アパショナータ>”-3-―それは、解放の時。

     ~最終楽章“祝福”~

    ~おまけ~


     ~奇想曲<カプリチオ>“瑠璃猫のワルツ”~―それは、ちいさな無限。

     ~恋情編・外伝 “怯える小鹿の前奏曲<プレリュード>”~

    関連記事
     HOME