FC2ブログ
    09

    ――目次・作品紹介――




    ――連載小説簡易紹介――



    ★ 『リシアンの契約』 …<喪失と奪還の冒険譚>

    呪いと祝福に満ちた夜の夢の世界、<常闇の世界>を舞台に、たったひとりの家族を失った少年が、とある約束を叶えるために<蝋燭(ろうそく)の灯しびと>となり、世界を照らしはじめる、セイント&ダークファンタジー。


    ★ 『夏芽楽団交響曲』 …<愛と約束のメロディアス・ロマン>

    命をかけた約束と引き換えに何でも叶う、愛と音楽の楽園世界<朝顔の世界>に導かれた少女・夏芽が、自らに秘められた可能性…、そう、バッドエンドが両手をあげて降参し、運命をもがひれ伏す、<女神に愛された子>としての能力を開花させる、アレグロ・シンフォニア・ファンタジー。




     『鏡の森のエトワール』 …<光と闇の幻想美術館>

    絵本のような美しい常冬の世界<写しみの世界>を舞台に、ある美しい少年に恋をした少女「エトワール」こと、エヴェリーナ・スワンが、宝石の魔獣を統べる魔王「カゲハ」と、絶滅した青色月光蝶「月花」の物語に関わってゆく、ドラマチック・ビューティフルファンタジー。


    ★最新作 『ミッドナイト・ロストサマー』 
    (連載中)

     抱いた闇が、すべてを壊す前に。
              “――さあ、絶望の運命に、立ち向かえ。”


    母親が失踪し、心を閉ざした不良少女・千夜が、自らを「炎に誓いし暗黒仮面」と名乗る中2病患者・チカや、暴走族・ヴァルハラレディースの少女達と出会い、黒い噂が絶えない「施設」こと、青少年公正施設の謎にせまる、<新・青春疾走譚>。

    二章からは一転して、ダークファンタジー、「施設<オルタナティブ・ダークナイト>編」に入ってゆきます。



    ・習作・

    ☆ 『サンクチュアリできみとダンスを』
    …罪と罰のフェアリーテイル・イノセントロマンス



    ・卵の段階の未公開作品・

    ☆ 『黄昏妖人異国館へようこそ』

    人と妖が共存する“現存する最良の地<ファンタジア>”=夕暮れのレトロワールド―<黄昏の世界>で生きる人々と、彼らを繋ぐ大使館、通称「浪漫館」の奮闘を描いた、「妖人賛歌年代記<モダン・ハートフルクロニクル>」
    (リンクはツイッター内で呟いた、初期設定まとめとなります)



    →全作品の詳細解説はつづき(Read more)から。→→→





    スポンサーサイト



    19

    『ミッドナイト・ロストサマー』 第二章<施設編> 第2話 “狂犬注意”

    「よう、待ってたぜ、千夜」


    10

    『ミッドナイト・ロストサマー』 第二章<施設>編 -第1話 “DDSB” ~ドーン・ダークネス・スカイブルー~-

    クソックソッ――クソッ。

    ライターをカチカチと鳴らす

    火がつかない。
    火が。
    クソッタレ。

    なんで、俺の女はいなくなった。

    クソッ。

    こうなったら、死んでやる。

    「やめなさい」




    09

    『ミッドナイト・ロストサマー』 ~登場人物紹介~

    ★1月9日 第二章の新キャラクター四名追加★

    千夜(チヤ)…七織千夜(ななおり・ちや)
       主人公。中学2年生。
       不良少女。
       母親は行方不明、父親はのんだくれのダメ親父。
       口が悪いが実は…である。

    チカ…水図千夏(みと・ちなつ)
       準主人公。
       またの名を炎に誓いし暗黒仮面・誓炎(チカ)。
       中二病。
       口癖は「クックックック」と「暗黒微笑」。
       長い手足、大きなアーモンド型の瞳(ややツリ目)
       など、超モデル級の容姿を持つ。
       黒髪ロング。
       がさつな口調で、一人称は「オレ」。
       天衣無縫(てんいむほう)な無敵属性。
       実は、「施設」の子である。

    チカイメージ画像


    <BcJvLdmCIAABaA4.jpg


    BcJwiRBCcAAdTs8.jpg


    乙女(オトメ)…雷早乙女(かみはや・おとめ)
       暴走族・神早レディース
       (と書いてヴァルハラレディース)のヘッド。
       金髪ストレートロングの可愛い系美人。
       時代錯誤な不良と言った奴らを、
       片っ端から病院送りにした筋金入り。
       下の名前で呼ぶと怒る。

    姫(ヒメ)…鮫島有姫(さめじま・ゆうき)
      ヴァルハラレディースの副長。
      ショートのアッシュ系。
      アイラインガンガンでバリバリロックなメイクと服装でも、
      隠しきれない可憐さを備えた小動物系ヤンキー。
      やっぱり下の名前は禁句。

    ババア…駄菓子屋のババア。
      地元の子どもらにクソババアと呼ばれている短気な老婆。
      アイスは一年中チョコミントしかおいていない。  
      


    双子坂 遠馬(ふたござか・とおま)…<ダブルフェイス>

    犬神 雷門(いぬがみ・らいもん)…<狂犬>

    鈴原 奈津菜(すずはら・なづな)…?



    …<重要用語>…


    <施設>
    問題を起こした少年少女を更生させる施設だが、
    人体実験をしている、毎年死人が出るなど、黒い噂が絶えない。
    チカはこの施設から抜け出してきたらしいが…。



    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手・コメントなどいただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    09

    『ミッドナイト・ロストサマー』 第二章―施設<オルタナティブ・ダークナイト>編―序 

    この町の隣には、施設、と呼ばれている場所があって。




    03

    『ミッドナイト・ロストサマー』 -6.“ヒーロー”-

    「なに泣いてんだよ」



    02

    『ミッドナイト・ロストサマー』 -5.“裏切り”-

    チカがいなくなって、一ヶ月が過ぎた。


    01

    『ミッドナイト・ロストサマー』 -3.“鉄拳交際”-

    チカは星をみるのが好きだった。
    海岸沿いで、あたし達は冷たい風になぶられながら、星を見上げる。
    そんなとき、きまって口数は少なくて、でもそれが心地よくて。

    そんなある日、チカがいった。

    「約束なんかいらねぇっておもわねぇ?」

    「――なにそれ」
    15

    『ミッドナイト・ロストサマー』 -2.“真昼の少女” 下 青空に翼-

    「ダチ……?」
    あたしはいいかげん、いぶかしげな顔をしていたと思う。

    「あんたとあたしが? ……それ本気で言ってる?」

    「ああ。戦友<ダチ>だ。
     戦う友と書いて。ダチ。なろうぜ」




    23

    全作品・登場人物名の由来一覧

    『リシアンの契約』

    ・ルチア(青の聖女ルチアの下の名前・瑠璃の魔女リシアの名字)
    イタリア語で優雅な光

    ・ルキア (第一、第二の涙花)
    ラテン語の女性名で、光 (lux) に由来する。
    シラクサのルチア
    → 『聖ルキア』、『聖ルチア』、『聖ルシア』、『サンタ・ルチア』ともいう。
    キリスト教でのカトリック、及び、正教会の聖女。
    男性形はルキウス(青の初代賢王)


    ・リシアン 
    リシアンサス(同名の青い花の名)の短縮形
    もしくは、リュシアン(フランス語で「明かり、光」)がなまったもの

    ・リキア(白の聖王)
    ルキアとリシアンの混合系。
    あるいは、ルキウスとリシアンの中間。


    ・イデア(青の賢王ルキウスの名字)
    哲学用語
    「目に見えないが実在するもの」
    (「心の目」「魂の目」によって洞察される純粋な形
     =「ものごとの真の姿」や「ものごとの原型」)

    ・エイドス(白の聖王リキアの名字)
    哲学用語イデアに相対するもの



    『夏芽楽団交響曲』

    ・エマニュエル
    ヘブライ語の「神は我々と共にある」
    キリスト教におけるキリストを指す

    ・エマ
    古いドイツ語の 全てにわたる、総括的な

    ・カロリーナ(烈火の芸名・ファーストネーム)
    イタリア語で「自由な者」

    ・フィオレンツァ(烈火の芸名・ファミリーネーム)
    イタリア語で「花、満開の」



    『鏡の森のエトワール』

    ・エヴェリーナ(永遠音の本名)
    イタリア語で光、命の源

    ・リュネット(月花のもうひとつの名前)
    フランス語で小さな月

    ・マルガリータ
    真珠

    ジャンヌ
    ジョン(神は恵み深い)に由来

    エステル 
    ラテン語・ペルシャ語の「星」




    『サンクチュアリできみとダンスを』

    ・マリア ヤハウェの贈り物

    ・エリザベス(英)
    イザベル(スペイン) ヘブライ語の
    神は誓った、あるいは神に捧げられたの変形
    短縮形・愛称リズ

    ・リズベット
    エリザベス(リズ)の賭け

    ・クラウン
    王冠

    ・ロザリア
    イタリア語
    薔薇

    ・ロゼッタ
    イタリア語
    小さい薔薇

    ・ノア 「休息」「慰安」
     聖書ノアの方舟



    『青空レンズ』

    ・シャロン(Sharon,Sharron)(姓、女)
    ヘブライ語の「王女」。又は「平原」。 
    同系、愛称は、シャレン(Sharen)、シャーリン(Sharyn)、カロン(Charon)、
    シャリー(Sharry)、シャリ(Shari)、シェリー(Sherry)など。


    『ヘカテーの弓』

    ・ジョン 
    洗礼者及び十二使徒・福音書記者の名。
    ヘブライ語で「神は癒し給う」の意。
    ジョナサン
    「ヤハウェは与えてくださった」


    『彼の名』

    ・フィオーナ、フィオナ(Fiona)(女)
    ケルト語の「白」

    ・ハンナ(Hannah,Hanna)(女)
    ヘブライ語の「神は慈悲深い」「上品な」「慈しみ」



    (その他)

    アンナ 「慈しみ」

    メアリー 「ヤハウェの贈り物」


    ・ジゼル(Giselle)(女)
    アングロサクソン語の「剣の誓約」

    ・ヘレン
    ギリシア語で太陽の光

    ・マクスウェル(Maxwell)(姓、男)
    アングロサクソン人に多い姓。
    古い英語の「マーカス(Marcus)は申し分ない」
    短縮形、愛称は、マックス(Max)、マクシー(Maxey,Maxie,Maxy)など。


    ・ヴァレンティーナ
    イタリア語で勇気のある、健康な

     HOME