FC2ブログ
    --

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    15

    『リシアンの契約α アフターエンドロールⅣ “篠乃”~真相はいつも闇のなか~』


    「ドリームダイバー?」

    篠乃先生…篠姫さんは軽く目をみはる。

    「セドリックのやつがそう言っていたのか。ふむ…なるほどの」

    「やっぱり知っているんですね!詳しく教えてくれませんか?」

    「それをわらわに聞くのか?」

    「う…っ」
    確かに、ぼくは、一度紫緒を使って、
    篠姫さんをこてんぱんにしている。

    ヒーローにはならない、とかっこつけておきながら。

    やっぱりぼくは、どこかヒーローに憧れていたのだ。

    そう、超常の力さえあれば、なんでも変えられると…
    傲慢に、子ども心に、妄信していたのだ。

    つまりは、辛い現実から、逃げようとしていた―…。

    「―まあ、いいじゃろう。
     ぶっちゃけわらわはなにも知らないのだからな」

    「え…っ」





    そんなはずは。
    だって篠姫さんは、あの時、確かにすべての黒幕で―。
    まるでこの世のすべてを掌握するような、悪役…だったのに。

    「まだそなたはわかっておらんようじゃな。
     この世のすべてを知る者なんて、いるわけないじゃろう?

     物語の黒幕が、もしそうじゃったら。
     それこそ魔王や魔神がそうじゃったら。

     とっくに世界など滅亡しておる。

     それこそ、勇者という不穏分子が生えて来る前に、
     摘み取っておろうよ。

     自分を無闇にする妄信するものなど、
     結局のところ、なにもわかっておらんに等しい。

     さらに言うなら、この世に絶対の善がないように、絶対の悪もない。
     そなたが思うほど…、世界は簡単ではない」

    そう老獪に微笑む篠姫さん―篠乃先生は、やはり三十代にはみえない。

    篠姫さんこそ賢者なのかもしれない、とぼくはふと思った。
    自分がわかっていないと断言できる篠姫さんこそ。正しく智者で…。
    ―あれ、だとしたら―?

    物思いにふけるぼくに、篠姫さんは重ねて言う。

    「ただ言えるとすれば、
     おそらく、常闇の世界のような場所は無数にあるんじゃろう。
     そのなかでわらわが虹の神になれたのは、まあ偶然じゃろうな。
     あるいは本物の神のみわざか」

    ―まさか…!

    「常闇の理を編んだのはあなたじゃなかった…!?」

    その前提が崩れれば、つまり篠姫さんは…!

    「…まあ、おおむねハッタリじゃ」

    「…なぜ、そんなことを…!」

    それじゃあ、まるで。

    (わざとぼくに倒されたみたいじゃないか…!!)

    「…まあ、そなたも大人になったらわかるじゃろう」
    そう言って笑んだ篠姫さんは。
    案外人好きのする、なつっこい目をしていた―。




    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等いただけると、とってもとっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する