FC2ブログ
    16

    『リシアンの契約α ネバーエンドロールⅥ “涙花”~この愛しい世界に~』

    退院の日、ぼくは篠姫さんに挨拶をしにいった。

    胸がとくとくと跳ね、ぼくは足早に診察室へと向かう。

    言うべきことは、もうわかっていた。

    「篠乃先生」
    ぼくはこんこん、と扉を叩く。

    「なんじゃ、こんな朝から」
    すぐに、いつもの老獪なしゃべり方で答える。

    この世界での篠乃先生はまだ齢30の医者でも、
    あの世界では偉大なる最高神、虹の神だったのだから。

    ぼくは扉の前で言う。

    「あなたに、どうしても今、言いたいことがあるんです」

    「なんじゃ。恨み事なら聞くまいよ。
    ひとりで壁にでも言っているんじゃな」

    あくまで冷たい―
    いや、突き放したスタンスを保とうとする篠姫さんに言う。

    「いえ。ぼくが言いたいのはお礼です」

    慌てたように物音がなり、扉が開かれた。

    「なんじゃそなた、正気か…?!」

    泡を食ったようにその双眼は見開かれていた。




    「わらわのどこに感謝したというのじゃ。
    わらわはそなたになにもしておらんだろう?」

    本当に意外だったのだろう。
    はた、と自分の失態に気づいたらしく、わざとけなした言い方をする。

    「むしろ、泣きをみさせるつもりでいたはずじゃが?
    それとも、そなたはMの気でもあるのか?」

    言い終わる頃には、いつもの、面白がるような口調に戻っていた。

    「―いえ。きっとあの世界がなかったら、
    ぼくは襲い来る喪失を受け止めることも、取り戻すことも…。
    辛い現実に立ち向かうことも、立ち上がることもできなかった。
    ―だからこそ、ぼくはあなたに…」

    「―わらわはあの世界の創造者ではないといったろう?
     お礼を言うのは、お門違いというものじゃ。
     それともそなたは、ここに来てまでも良い子ぶる気か?」

    「―篠姫さん。悪者ぶるのはもうやめませんか?
     あなたは、優しいひとです。
     
     ぼくを子ども扱いしながらも、愛情を込めて接してくれた。
     冷たい言葉の刃は、ぼくの目を覚まさせるため。
     
     わざと意地の悪い言い方をするのは、あなたがあまりに純粋だから。
     それしか、人との関わり方を知らないから…。
     
     あなたは孤独を望みながらも、我が子を愛したい気持ちは、
     誰かにその愛を注ぎたい気持ちは、誰よりも強かった。
     
     そんな不器用で、素敵なお母さん<あなた>に…、
     ぼくはだから、礼がいいたい。
     
     あなたは、ぼくの悪役になってくれた。
     ぼくをヒーローにしてくれて、
     
     ぼくの目に真実という冷たい水を注ぎ、覚まさせてくれた。
     なにより、ぼくの背中を押してくれた。

     ―あなたは、ぼくのなによりの恩人です…」

    篠姫さんの目をまっすぐみつめて、ぼくは微笑んだ。

    「―篠姫さん。ありがとうございます…」

    ほんとうに、ほんとうに。あなたと出会えて、よかった…。

    「…そなたは。」

    篠姫さんは、少しだけ目を丸くして、そして…微笑った。

    「誠、―憎らしき坊じゃ…。」

    目を瞑ったようなその笑顔は、春の女神のように、甘やかな喜びで満ちていた。
    まなじりにはきらりとした露。
    まるで、長い長い冬を越えて、ようやく咲いた花に、心から感謝するような…。


    “嬉しくて、嬉しくて―。もうどんな痛みも、悲しみも、恐れまいよ…。”

    声に出さなくとも、ぼくにはそう聞こえた。

    その表情に、その嗚咽(こえ)に、もう、ぼくの胸はいっぱいになってしまって。
    篠姫さんの―篠乃先生の手を取って、ぼくも泣いた。

    こんなに素敵な出会いが、あるなんて…。
    これまでの、そう、常闇の世界に行くまでのぼくは、信じられなかっただろう。

    現実は辛いばかりで。真実は冷たいばかりだと、思っていた。

    両親に愛されず、その身を患い、友ひとりすらいない。

    孤独なぼくが、なにかを得るなんて。

    夢物語だと、白昼夢だと、思っていた。

    けれど、そんなぼくに最初のぬくもりをくれたのが、お義母さんだとしたら。

    最初の希望を、勇気をくれたのは、あの常闇の世界だったのだ。

    たとえ呪われた世界でも。

    あの世界こそ、ぼくの、<福音のはじまり>。

    世界は、悪夢<ナイトメア>なんかじゃない。

    本物の呪いは、ぼくたちの弱い心にだけ住んでいる魔物で。
    本物の愛こそ、ぼくたちの本質だ。

    運命がぼくらを縛るなら、そのぶんのしあわせを、咲かそう。

    ぼくらは絶え間なく失いながらも、最後まで得(え)続ける。
    人生という時に荒ぶる海を渡りながら、最後まで、舵を取れ。

    ぼくたちの物語は、そうして続くのだ。

    この喪失と奪還の物語を、きみに捧げよう。

    『求めよ。されば得られん…』

    この偉大なる祝詞を持って、我が生涯の完成とする―。







    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等いただけると、とってもとっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト



    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する