--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    12

    『夏芽楽団交響曲 第0番 “ロスト・プレリュード”』

    博士はひげを触りながら言う。

    『ほほう。それではきみは、失ったものを取り戻しに来たのかね?
     ―良いだろう。
     喪失と奪還の物語は何度でも繰り返すということか。
     
     だが、真青き清らの花<リシアンサス>と君は違う。
     彼にはできたことが君にはできないだろう。
     その代わり、彼にはできなかったことが、きっと君にはできるはずだ。
     
     ―約束しよう。君は新しい世界の旋律を聴くだろう。
     それは、まるで突然流れ出す。
     そう、こんな風にね―。

     さあ、行って来たまえ、夏芽くん。
     そしてようこそ、私達の世界へ―!』


    わたしの記憶は、更に上部へ向かっていく。
    ごく最近の記憶だろう。
    まだ新しい、ぴかぴかのガラス玉だ。


    『私は探偵なのだよ。探偵伯爵と人は呼ぶ。
     朝顔の世界きってのホームズとね!

     では謎かけをしようか。
     行きはよいよい、帰りは怖い、これはいったいなにかね?』

    「えーっと…。聞いたことがある。
     なんだったっけ…?
     確か、山…峠越えの話ですよね? 」

    『そうなのだよ。
     行きは明るくて歩きやすいが、帰りは暗くて心もとない。
     夜盗が出るかもしれないし…獣に襲われるかもしれない。

     だが、これはつまり君のこれからの話ともいえる』

    「え?博士、それって…」

    『用心することだ。
     日のさす昼間と、月の照らす夜では、世界はまったく姿を変える。
     
     みえるものにのみ捕らわれないことだ。
     すでに、序曲<プレリュード>は奏でられた。

     きみの存在するこの世界は、
     きみが思うように明るく美しいばかりではない。

     常闇の祝福の代償に呪いがあるように、
     この朝顔の世界にも…そう…きみの隣にも…』

    …はっ。
    気がついたら、わたしはベッドの上にいた。
    なぜか、胸騒ぎがする。
    わたしは脱ぎ捨てたパジャマを丸めて放り投げると、
    制服を羽織り、その場所に向かう。

    そう、酩酊博士の音楽喫茶だ…。


    「…本日、休業日…」

    看板を前に立ち尽くす。
    古びた木のプレートには、

    “また後日いらしてくれたまえ”

    という風なことが書いてある。

    がっくりと肩をおろしたわたしは、
    店先に置いてある小箱に気がついた。

    “夏芽くんへ―”

    それだけ書かれたメモをめくると、思った通り、
    ワインの木の箱のちいさいのが姿をあらわした。

    ぎいい。
    中を開けると、手のひらサイズのオルゴールが入っていた。
    ピアノの形をしたワインレッドのオルゴール。
    そっとねじを巻くと、あの時と同じ眠気が襲う。

    くらくらと膝を折ると、
    懐かしい、優しいプレリュードが耳になだれ込む。

    間違いない、朝顔の世界の旋律だ…。






    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    Nicola
    エトワール読了から少し間があいちゃいましたが…
    次はこちらの小説を読み始めようと思います(*´ω`*)

    登場人物のページをみると見知った子もちらちら…なので楽しみにしています。
    いろんなところに、いろんな子が出てくるので、どれを読んでも楽しめていいですね(*´ェ`*)

    永遠音ちゃんがなんだか無口で無表情らしいので、違った雰囲気で見れるかな…と今からわくわくです。
    読む順番が逆だな、確実に…と思いながらも気にせず読んでいこうと思います←

    またお邪魔しに来ます☆
    2013.11.19 21:26
    ❁♥REO♥❁
    はい!夏芽楽団交響曲は<重なる世界>のお話です。

    <常闇(夜の夢/優しいゆりかご)>の世界でも、
    <写しみ(鏡合わせのワンダーランド/光と闇の幻想美術館)>の世界でもない、
    <朝顔(愛と約束の重なる世界/×××のためのロストワールド)>の世界のものがたり。


    他の作品と違い、万人受けしそうもない特殊な物語なので、今からヒヤヒヤです。
    性別が迷子なキャラがガチ恋愛したり、お話が小説というより、
    謎の男、<エヴェレット>がもっとも興味をひいた、
    人々の記憶の断片を集めてくっつけたような感じの特殊形態で展開されるので、
    色々読む人に優しくない…!

    『リシアン』並みに話がところどころぶっとびます…(苦笑)

    リシアンには、喪失の代償と引き換えに祝福(あお)の魔法が使えましたが、
    この物語の主人公、夏芽には、都合のいい超常の力はほとんど使えません。

    ただ、朝顔の世界に招かれた子全員に使える、
    命がけで<約束>することだけが、唯一夏芽に使える超常の力。

    だけど、夏芽には、それを超えたあるものが眠っています。

    超常でも特別でもない、<魔法を超えた魔法>を奏でる、少女、<空橋夏芽>。
    リシアンに次ぐ、新しい蝋燭(ろうそく)の灯しびと、襲名なるか。

    これは、そんなお話です。

    『エトワール』の前日譚なので、新しい発見もあるかと!
    永遠音の「おにいちゃん」が準主人公なので、彼(?)の言動にも注目です!

    まったりお待ちしていますね*´ω`*
    2013.11.21 12:32

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する