--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    22

    『夏芽楽団交響曲 練習曲      <エチュード>第1番“人形姫”』




    「…わね。とわねって呼んで」

    無表情で、ぼそっと、呟いた。

    機械的な棒読み。だけど確かに彼女は呟いた。

    唯音が目を見張る。

    「…驚いた…。永遠音がしゃべるなんて。

     もしかして君は、夏芽を気に入ったのか?」

    …再び沈黙する永遠音。俯き、棒立ちのまま微動だにしない。
    白く輝くなめらかなブロンドが、さらりと音を立て、
    銀色の瞳は、もうなにも映さない。
    まるでこときれたアンドロイドのよう―。

    「彼女のバッテリーは、もしかしたら夏芽なのかもしれない…」

    唯音は、後に語る。


    それは、未来へと続く、虹色の練習曲<エチュード>。

    心を凍りつかせた、バレエ界の星<エトワール>、
    “人形姫”…<永遠音>の物語。







    「ココロ、それはわたしにはわからない…」

    永遠音は無機質な笑みを浮かべた。
    張り付いたような薄い微笑だ。唇をわずかに歪めたような。

    永遠音は、自分のことを、
    いつものように、“永遠音”と呼ばなかった。

    それは、まるで、いくら表面上で個性を取り繕うと、
    しょせん自分には個性なんて、人格なんて存在しないと、
    軽蔑して、落胆しているふうにもみえた。



    「…ううん、だいじょうぶだよ」



    わたしは永遠音ちゃんの手を取った。
    すごくひんやりとした冷たい、手。
    青白く、透き通ったちいさな手。

    だけど…。

    「永遠音ちゃんにはココロがある。
     それは、永遠音のなかにちゃんと生きてるよ」

    そっと、力を込めて、握る。

    「自分にココロがないって暗くなるのも、
     不安になって、心細くて、わかってほしいって口を開くのも、
     それでも否定されるのが怖くて、口を閉ざしちゃうのも…。

     みんな、永遠音ちゃんにココロがある証拠。
     ―ねえ、永遠音ちゃんの手は冷たいけど、こうすると―」

    脈をはかるように、そっとその華奢な手首に指をあてる。

    「…ね。とくとくって、ちいさく感じるでしょ。
     それが生きてるってこと。

     どんなにちいさい鼓動でも、どんなに冷たく感じる体でも、
     “生きてる!”って叫んでるの。

     みんな叫んでるんだよ。
     声に出さなくても、気づいてもらえなくても。

     “わたしはここにいるよ!”って。
     “誰かわたしに気づいて、わたしの声を聞いて…!”って」

    わたしは、一呼吸して、ゆっくりとその手を包み込んだ。

    「でも、わたしは気づいたよ。
     ちゃんと気づいた。永遠音ちゃんの声に。

     ちゃんと聞こえたよ、永遠音ちゃんの“助けて”が」

    囁くように、歌うように、わたしは、静かに断言する。

    「―だから、もうだいじょうぶだよ。わたしが聞いてあげるから。
     わたしが受け止めてあげるから。ねえ、だからここまでおいで―」

    後の言葉は、ぜんぶ微笑みに込めた。両手を広げて、
    お母さん直伝―最強で最高の、“ひだまりの笑顔”を浮かべる。

    …ねえ、これでいいかな、永遠音ちゃん。
    ここは、あったかいよ。
    ここは、うれしいよ。
    楽しいし、すてきなところだよ―。

    時に冷たくても、厳しくても…。

    (世界は、ほんとはね。とってもとっても、すてきなところなんだよ―。)

    溢れた。宝石が。
    駆け出した。

    飛び込んできた…。



    永遠音ちゃんの涙が星屑のように零れるのを、
    永遠音ちゃんの足が早まるのを、わたしは感動と共にみた。

    ゆっくり、ゆっくり。
    世界が止まってみえるぐらいの時間が、わたしの中をたゆたった。

    そして―ぶつかるように飛び込んできた永遠音ちゃんを、
    わたしは思いっきり抱きしめた。

    そうだよ、永遠音ちゃん。

    あなたは全然、ひとりぼっちなんかじゃないんだから―。

    いくら心を閉ざしていても。

    そのせいで、疎外感と、孤独を、
    そのちいさな胸がはちきれそうなほど…、育ててしまっても。

    わたしがいるよ。永遠音ちゃん。

    夜空で輝く、星<エトワール>。

    あなたはこれまでずっと寂しい思いをしてきたよね。

    でも、その冷たい夜が、孤独が、
    あなたにバレエという、ひとつの表現形態を教えてくれた。

    バレエ界のヒロイン―<エトワール>にしてくれた。

    それは、きっと無駄にはならない。
    これからの永遠音ちゃんを支えてくれる、素敵な力だよ。

    永遠音ちゃんの、生きた証。
    がんばってがんばって勝ち取った…素敵な素敵な、一番星。

    ねえ、だからこれからは、一緒に頑張ろう?

    がんばらなくていいなんて、わたしは言わないよ。

    がんばるのは、悪いことなんかじゃない。

    もっと早くに気づいていれば、なんて、
    がんばった過去を悔(くや)んだりしなくていい。

    失敗も、成功と同じ、これまでの永遠音ちゃんの、
    大事な大事な、足跡だから。

    ただ、その重い荷物を、少しでも分けてくれたらいい。

    “奪い合えば足らない。分け合えば、余る”

    そんな言葉みたいに、ちょっとずつ分け合えば、
    きっとすっと、軽くなる。


    ねえ、だからこれからは、三人で。

    わたしときみ、唯音。

    三人で、辛いことも、痛いことも、
    楽しいことも、嬉しいことも。

    ―分け合って、共有していこう?

    怖くてもいいよ。
    そっと、その背を押してあげるから。



    だから、歩きだそう?そして、思いっきり走ろう?

    駆けて、駆けて、駆け抜けて。

    そしたら、きっとたどり着くよ?
    永遠音ちゃんの望む、すてきな未来に―。

    「―だから、家族になろう?
     …一緒に、“明るい家族計画”しよう!! 」


    「…あ…」
    永遠音ちゃんの雪のような頬に、ほんのり色がさした。

    桜みたいな、柔らかくて、あったかい色が。

    まるで―永遠にも思えた、長い長い冬に訪れた、
    ちょっと早い春の足音みたいに。

    “四季”を生み出したヴィヴァルディさんみたいな、
    華麗な音楽は奏でられないけれど。

    わたしは、<夏芽>だから。
    温もりも元気も、暑くるしいほど分けてあげられる。

    分厚く積もった雪もとかせるし、
    いつか実る種だって、いくらでもあげるよ。

    だから、約束するよ。

    家族になろう。―みんなで、しあわせになろう。
    当たり前の命を、愛しく思えるぐらい。

    怖いことも、悲しいことも、辛いことも、苦しいことも…
    ぜんぶぜんぶ、乗り越えて―
    いつか必ずたどり着く人生の終着駅に、
    大事なものを残せる、そんな旅をしよう。

    それが、わたしに使える、唯一の、でも最高の魔法だよ―。



    ―それは、バレエ界の星<エトワール>と呼ばれた彼女が、
    最初に演じることになる、オペラ…。

    『人形姫』に秘められた、真実の物語。








    ※練習曲<エチュード>は、未完成の物語です。
     本編は、相変わらず時系列が迷子で、
     読んでくださる方にまったく優しくない仕様ですが、
     断片を繋ぎあわせるように、徐々に仕上げてゆく予定です。
     おくつろぎのうえ、どうか気長にお待ちください。







    br_decobanner_20120205210256.gif




    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    Nicola
    永遠音ちゃんの登場に、ちょっとテンションが迷子になっちゃいました。
    永遠音ええええと叫ぶと同時に、エトワールを見ていた私にとっては知らない永遠音の姿にうひゃーってしてます(よく分からない

    読み終わってから未完だと知って、目次をちゃんと読めよってセルフツッコミをしました。
    のんびりのんびり待ちますね!!

    本当に夏芽ちゃんはみんなの太陽ですね…!
    2014.01.30 23:20
    ❁♥REO♥❁
    おおお!永遠音をそんなに気に入っていただけるとは!
    うひゃーしていただけて嬉しいです!〃人〃

    おひさまの化身、夏芽がみんなを救っていくのがテーマの夏芽楽団、
    今回は心を閉ざした人形姫、永遠音でした!*

    未完…と書いてありますが…欠けたお話を補充するにはパッションが足らぬのです…´人`
    そのうち謎の企画がはじまるかもしれません。
    みなさんからのリクエストにふわっとお答えするという…!

    まだ予定は未定なので、こうご期待!とはいきませんが…のんびりまったりお待ちくださいませ!*´ω`**


    2014.02.01 22:08

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する