FC2ブログ
    --

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    18

    『夏芽楽団交響曲』協奏曲“恋情”   第1楽章“はつ恋”

    「き、きみがすきだ…夏芽。ぼくと付き合ってくれ…」

    その言葉を聞いたのは、夏のはじまり。
    甘くてしとやかな雨音が鳴り響く、6月のことだった。

    この国立四音(しおん)中等学校に転入して、一週間。

    隣の席になった、可憐な顔立ちのその子―唯音。

    はじめは、こう思ったんだ。
    雪のような白くてきめの細かい肌に、
    肩より少し上のプラチナブロンド。

    極めつけは、春に芽吹いたばかりの若葉みたいな、
    瑞々しくて、優しい瞳…。


    ―なんて綺麗で、可愛いんだろう!

    ちっちゃい顔。
    イヴニングエメラルドの大きな目。

    手も足も華奢なのに、しゅっと長い。

    まるで…まるで…、お人形さんみたいだ!!

    わたしは、ぱああ!と顔を輝かせ、その子の手を取った。

    「…仲良くしようね!!
     わたしの名前は空橋、空橋夏芽!きみの名前は?」

    机ごしに大きく乗り出したせいか、
    その子はがくんと一歩引いた。

    驚愕の眼差しに、赤く咲いた頬。

    うわー。照れてる。
    どうしよう!人見知りな子なのかなー。可愛いなー。

    わくわくしながら返事を待つわたしに、
    その子はガタン!と席から立ち上がった。

    「…な、なんだ君は!!しげしげぼくを見つめたかと思えばっ!
     それに…こんな手まで触って、どういうつもりだ…っ!」

    (―ん?)

    わたしは小首を傾げた。…ぼく?
    そして、ぷんぷんとマンガみたいな音が鳴りそうなほど、
    (やっぱり変な口調で)憤慨しだす。

    「君はほんとうに婦女子か!恥じらいが足りないぞ!
     見たまえっ、周りも引いているだろう!」

    婦女子?みたまえ?

    ?マークを浮かべながらも周りを見渡すと、
    確かに全員こちらに注目していた。…あれ?

    「まさか、天然なのか…」

    やれやれ、とその子はため息をつき、
    涙が出ちゃうぐらい綺麗なアルトで、歌うように名乗った。

    「ぼくは君島唯音。念のためいっておくが、女子じゃない。
     故に、これからぼくに触る時は、前もって言ってくれまえ。
    べたべたと触られるのは苦手なんだ」

    それが、唯音との出会いだった。

    そんなめちゃくちゃなファーストインプレッションだったけど、
    唯音はちょっと言葉使いが変で、体育を休むだけの、
    普通の女の子にみえた。

    もちろん、女の子じゃない、
    と前持って言われているわけだけど、
    どうみても、男の子にはみえない。だって睫毛長いし。
    肌もつるんつるんのすべすべだし。

    「―夏芽。毎回言っていることだが、
     気安く触らないでくれたまえ。
    そんなにぼくが物珍しいのか?
    まるで動物園の馬にでもなった気分だ」

    動物園…っていうか、ふれあい広場的な意味かな?

    わたしは唯音のすべすべ卵肌をさわさわしながら、
    真剣に答える。

    「ううん、唯音はどっちかと言うとバンビかな。
    目がつぶらでうるうるで、華奢だから」

    わたしはバンビな唯音を妄想してほわほわしながら、
    より一層なでなでする。

    「…君は変態か。いい加減やめてもらおうか」

    ぱしっと手を掴まれ、おろされた。

    不機嫌そうな声色だけど、その手はあくまで優しかった。
    唯音は、わたしを壊れものみたいに触る。
    自分から触れてくることはめったにないけど、
    まるで男子が女子にするような感じで。

    うーん。でも唯音は、本当に男の子なのかな?
    どうみても、そんな風にはみえないけどな…。

    再びまじまじと見つめるわたしに、
    唯音はこほん!と古風な咳をした。

    「じっと見るのもやめてもらおうか!
    もっと慎みを持ってくれたまえ!」

    「…えー、じゃあなにをすればいいのさ!
    ダメダメって言われたら一層したくなるよー!」

    「君は子どもか!中学生にもなりながら、
    なぜそんなに幼稚なんだ。
    エマくんを見習いたまえ!
     いつも慎ましく読書をしているじゃないか」

    当のエマ…犬飼絵馬ちゃんは、
    赤ぶちのメガネ越しにこちらをみた。

    お洒落な三つ編みがかすかに揺れる。

    一瞬目があったけど、
    すぐに興味なさそうに読書を再開する様子は、
    クールでかっこいい。


    「うーん。無理だよ。わたし本読むと寝ちゃうから。
    …ほら、授業中も寝てるでしょ?」

    こそこそと耳打ちするわたしを、うるさそうに追いやってから、
    唯音は釘をさす。

    「得意げに語らないでもらおうか。
    君は十秒以上大人しくできないのか?」

    「うーん。十秒っていうか、3分ぐらいかな。
    あっ!でも、勉強する気はあるよ。
    はじめの30分なんか、超睡魔と格闘してるよ!」

    「残り15分間寝てるじゃないか!もっと頑張りたまえ!」

    怒りだす唯音に、頬を膨らませるわたし。

    「うるさいなあ…唯音のばか!けち!あほ!!」

    「小学生か!」

    ちょっとコントっぽくなっちゃったけど、
    この一週間、わたしなりに真面目に、唯音は本当に男の子なのか、
    辛抱強く観察してみた。

    まず、胸。
    ない!見事にまったいらだ!
    …そういう女の子もいるよね!

    声。
    すごく綺麗なアルトだ!
    …判別不能!

    容姿。
    どこからどうみても可憐な美少女だ!

    うーん…これだけじゃあなあ…決定打にかけるよね?
    この際、周りに聞いてみよう!

    1人め!
    「…うーん。ちょっと私の口からは…」

    2人め!
    「個人情報だからねー」

    …3人め!
    「本人に聞いてみたら?」

    結論!こそこそ探るのはよくないよね。
    やっぱ正々堂々本人に聞こう!

    「ねえ唯音って、実は女の子?」

    「実は…、って君、いきなり何を言い出すかと思えば….
    この一週間様子がおかしいと思っていたら、
    そんなことを考えていたのか?」

    呆れたように言う唯音は平静だ。
    …あれ、もっと驚いて、なっ、なぜわかった!!
    って言うかと思ってたんだけどなー。

    「その残念そうな顔はなんだ。
    最初に言ったろう。ぼくは女じゃないと。
    ぼくの性別が知りたいなら、今日放課後付き合いたまえ」

    え?もしかして急展開?
    …っていうか、本当に本当に女の子じゃないの?
    放課後付き合う…ってなに?
    男の子ならそう言ってくれればいいじゃん!
    まさか、これってデート?えっ、違うよね?深い意味ないよね?

    「…う、うん!了解!!」
    わたしはびしっと敬礼した。
    なんか流れで返事しちゃったけど、いいのかな?!

    それから放課後までは、時間がスローすぎて、
    まるで永遠に続きそうなほど長かったし、
    ばりばり緊張して、一睡もできなかった。

    唯音の顔をなんども見ようとしたけど、みれなかった。

    ―あれ?なんかわたし、もしかして、唯音のこと意識してる?

    そう思った途端、体温が上がったみたいな気がして、
    何度も指先をこすった。

    …なんか、わたし、変だ。へんだ、変だ!
    落ち着け!
    そう、これは、一般に言う…異性が気になっちゃうお年頃!
    そして、わたしは唯音が女の子じゃないという事実に驚いて、
    ぱにくっているんだ!つり橋現象(?)なんだ!!

    そして、放課後の鐘は鳴った―。



    つづく

    br_decobanner_20120205210256.gif
    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する