--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    12

    『4の断章』




    これは、僕が人間たちの記憶データベースを、
    観察した結果の記録である。

    そのため、日記のような散文になったり、
    いわゆる小説といった彼らの表現形態とは違い、

    最も興味をひいたある期間だけ抽出された、
    「断片集」となるが、気にしないで欲しい。

    なにせ僕はとても大ざっぱなのだ。

    僕たちはとうに終わっていて、

    すでに、彼らたち小さき者たちを、
    観測するのみの存在になっている。

    まあ、御託(ごたく)は抜きにしようか。

    しかし、これだけは先に言っておこう。

    この物語は、君達のよく知る、
    あの<現実>の世界の平行世界、

    <常闇の世界>、<朝顔の世界>、
    <昼蝉の世界>、<黄昏の世界>を舞台にした、

    <4つの断章の物語>である。

    彼らの生き様は、時に愚かしく、みすぼらしく、
    そして時に尊く、美しい。

    そんな彼らたち4人の主人公は、
    果たして何を失い、何を掴むのか。

    さて、さっそく語ろうとしようか。

    まずは、呪いと祝福に満ちた、
    第一の世界、<常闇の世界>の少年、

    <リシアン>の物語からはじめよう―。





     第1章『リシアンの契約』




    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する