--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    22

    『夏芽楽団交響曲』 協奏曲“恋情” 第二楽章“告白”


    「ぼくは…ISなんだ」

    「…あい、えす…?」

    激しい雨音が遠くなる。
    暗い部屋のなか、雷に照らされた唯音の口は引き結ばれていて、
    表情は硬く、でも毅然としていた。

    唯音は語りだす。
    「IS…インターセクシャルとは、
    性器、卵巣・精巣といった性腺、染色体等が、
     男性型・女性型のどちらかに統一されていないか、
     または判別しにくい等の状態だ。

     ただ、「IS」などの呼称は、
     ぼく達当事者にとっては、むしろ不快な響きを持つことも多い。
     ゆえに、現在は、こうした「先天的疾患」の総称として、
     「性分化疾患」と言うのが一般的だ。

     性分化疾患には先天性副腎皮質過形成症、
     クラインフェルター症候群、
     ターナー症候群等さまざまなタイプがあり、
     その症状も個人によってまったく異なる。
     
     時には、結婚してから不妊で悩み、
     検査して初めて気づくようなケースもみられる。
     
     性自認も、様々だ。
     男性寄りだったり、女性寄りだったり、中間だったり、
     あるいは男性寄りと女性寄りが時期によってゆらぐこともある」

    「それって…よく聞く、あの…」

    「性同一性障害とは異なる。
     性同一障害の場合、身体的な性別がはっきりし、
     身体と自認する性が逆になるわけだが、
     性分化疾患とは別のものだ。

     特に、ぼくの場合、一般的な型には当てはまらない。
     身体的にはほぼ女だが、性自認は男だ」

    「“ほぼ”…?」
    わたしはぽかんとしながら問い返す。

    「…ああ。完全な女性とも、男性とも似つかない。
     非常に中途半端な状態だ」

    そこまできっぱりと言い切ると、やや言いよどむ。

    「…だが、説明してわかるようなものでもない。
     …君に見て欲しい」

    言って、ネクタイに手をかける唯音。
    しゅるりと音を立てて、黒いネクタイが落ちる。
    「ゆっ…唯音?!」

    白いブラウスがはだけられてゆくのをみて、とうとう目を塞いだ。

    同じように床に落ちる音がして、わたしは…。

    「ちょ…ダメだよー唯音っ!ストリップ禁止っ!!」

    (もう無理だー!!)
    目をつぶったまま止めに入るわたしの足に、ずるっという感触が。

    「うわ…っ」
    「…!?」

    ようするに、わたしはこけた。

    バランスを取ろうにも、身体は完全に前傾姿勢。

    そのまま唯音の身体に倒れこむ。

    衝撃。
    そっと目を開け、身体を起こそうとすると、
    胸のあたりにふにっ、としたささやかな感触があった。

    「ゆ、ゆゆ、ゆいね…っ」

    思わずまじまじとみてしまった。
    雪みたいにまっさらで、ほんのりと色ずく肌に、
    控えめな膨らみがふたつあった。

    (?!!)

    見上げると、唯音の目は潤みまくっていた。
    羞恥にたえるように頬は真っ赤で、ぷるぷると震えている。

    「…ふっ…」
    あ、やばい、泣きそう!!

    「まってまって待って!事故だから!
     そして脱いだのは唯音だよね?!別に無理に脱がなくていいから!!」

    (っていうか、そんなに恥ずかしいのになんで脱ぐかな?!)

    大混乱だ!


    「…誠実さに欠けると思ったんだ。
     本当は、もっと早く打ち明けるべきだった。
     せめて、実情を正確に…」

    「伝えなくていいから!早く服を着て!!」

    目に毒すぎる。
    男の子じゃなくても、色々と無理だよね、これは…。

    「…わかった」
    それだけ言うと、背を向けて服を着用しはじめる唯音。

    気まずそうに咳をすると、ぽつぽつと話はじめる。

    「…今みてもらったように、身体つきは非常に女子に近い。
     ただし性器はどちらともつかない。
     それもみてもらおうと思ったが…」

    言いながら、声をふるわせる唯音の顔は、
    赤いとかいうレベルを通り越して、完全に茹で上がっている。

    「いやいや、無理でしょ?!
     というか、そんなに無理しなくとも、言葉で説明でいいから!」

    「だが…」
    「本当にいいから!!」

    「…子どもを作るのは少なくとも今の医学では厳しい。
     だが…ここまで説明したうえで、こう言いたい。ぼくは…」

    そこまで言うと、唯音は、はっとしたように口を閉ざした。

    「雨が上がったようだ。送ろう。…徒歩でもいいか?」

    「う、うん…」

    唯音は、一体何を言いかけたんだろう。
    ふたりで歩く道は、いつの間にかほんのり暗くなっていた。
    そのまま、沈黙が続く。

    ぽつり、ぽつり。
    再び雨が降ってきて、
    傘をさそうとしたわたしの腕を、唯音が掴んだ。


    「き、きみがすきだ…夏芽。ぼくと付き合ってくれ…」

    握られた手から、唯音の温度が伝わってくる。

    …熱い。

    雨音がアスファルトを叩く。

    冷たい雫が、拳に当たって、ひんやりとその熱を冷ます。

    「そっ…その…そう!ぼくと付き合うとお得だぞ!
     たとえば…たとえばだな…ぼくは歌が上手い。究極的にな!
     演奏もなかなかだ。
     君がぼくのものとなったなら、毎日君のために歌おう!
     おはようのトリュからおやすみのバラードまでお任せだ!」

    唯音…?
    雨が少し弱まる。
    潤んだ新緑色の瞳が、信じられないほど綺麗で、
    わたしは、息をのんだ。

    「だ、だめか…?」
    ふにゃりと泣きそうな顔で、俯(うつむ)き、
    袖をこすりあわせる唯音。

    頬は赤く色づいて、不安そうに声を震わすその姿に―。


    (ああ、もう…っ!)



    「唯音―っ!」

    わたしは思いっきり抱きついて、
    こわばる唯音のあたたかい体をおもいっきり堪能すると、
    その手を取った。

    「―うん!付き合おう!!」

    「…は?」

    ぽかーんと口を開けた唯音

    「なんでそんなびっくりするの?唯音が告白したんじゃん!」

    「…そうだが…でも本当にいいのか?
     ぼくはこの通り、少々複雑な体質だ。
     子どもは生ませてやれないかもしれないし、結婚も危うい。
     見た目なこの通り女子(にょじ)じみているしな…」


    「どうしてそこまで重く考えるかなあ?そのうえ面倒くさいよ! 」

    「…は、はっきり言うな…」

    “これでもだな。一世一代の告白だったのだぞ…? ”

    言葉にしなくても、そう言いたいのが伝わってくる。


    「…あー、もう、面倒くさいなあ…」


    二度も?と半ば涙目になる唯音をもう一度、
    今度はしっかりと抱きしめた。

    「…わたしも唯音がすき。
     男だろうと女だろうと、どっちでもなくても、そのままの唯音がすき。
     ―これは絶対!!」

    にかっ。わたしは元気にはにかむと、唯音の手を取った。



    「明るい家族計画しよう!
     唯音とだったら、ケッコンできなくても幸せになれる気がする!」

    いやもう、この時点でかなり幸せなんだけどね!
    そういって照れ笑いをするわたしに、唯音は赤い顔で呟く。

    「君、その意味ぜったいわかってないだろう…」
    心なしかぷるぷる震えている。

    (…なんか変なこと言ったかな?)

    ともあれ、わたしたちは、今日から恋人同士になった。

    葛藤とか、躊躇とか、そんなの全部吹き飛ばして、
    セオリーとか、常識さえも蹴っ飛ばして、
    思う存分、青春を謳歌(おうか)した。

    そう、憂鬱な雨も、重たい雲も、いつかは晴れる。
    単純思考かな?でも、それは、必然なんだよ。
    少なくとも、わたしはそう思う。

    夏はやって来ようとしていて、
    わたし達はこれからの未来にわくわくした。

    初めてのデートとか、初めてのキスとか。
    不安より、嬉しさのほうが大きかった。

    これからわたしたちに訪れる、運命とか、宿命とか、
    そんなことはなにひとつ知らなくて。

    でも、そのもうひとつの舞台…“朝顔の世界”で起こった出来事は、
    後にわたしの中に、ひとつの可能性を見いだす。

    『夏芽楽団交響曲』

    この不思議なタイトルは、何を意味するのか?

    そして、非日常の世界で繰り広げられる、
    無数の約束達は、いったいなにを代償に、輝くのか。

    愛とか、絆とか、音楽とか、宿命とか。
    そんなものを巻き込んで、“女神様”は天秤を揺らす。



    “もし、…もし。
     たったひとつ約束をするだけで願いが叶うとしたら、
     あなたはいったいなにを思い浮かべる?
     お金?名声?美貌?それとも、あのひとの愛?

     でもその約束を破ったら、あなたは死んでしまうとしたら?
     それでも、あなたは希(こいねが)いますか?
     これは、愛と芸術の世界、<朝顔の世界> に生き、
     命がけで願う人々の…―”


    その結末に、なにをもたらすのか、今のわたしたちは知らないけれど。

    愚かで、未熟で、無知で、でも、ただひたすらに、生きてゆくよ。
    それが、わたし…<夏芽>の生まれた理由。

    ―何度だって願うよ。
    たとえ、わたしが死んじゃっても…ううん、意地でも死なないけど。
    それでも、わたしは“約束”する。

    それが、わたしに使える唯一の魔法だから―。


       『夏芽楽団交響曲 序曲―終』





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
     とってもとっても励みになります!




    br_decobanner_20120205210256.gif





    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する