--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    28

    『夏芽楽団交響曲 間奏曲<アントラクト>“貴方様の翼に”』

    コード16。
    とうとうこのキーポイントへとアクセスしましたのね。

    ええ、わたくしはすべてを知っておりますわ。

    アカシャの図書館のレコードを管理するわたくしには、
    凡で俗な知識から、崇高なる真理まで、
    手を取るように把握できますの。

    でも、唯音様だっておわかりでしょう?
    知識とは、破滅に至る毒だと。

    知恵の実を食べたら最後、
    いくら悔やもうと、嘆こうと、やり直しはきかない。

    貴方様には、すべてを投げ捨てでも、
    夏芽様を守りきる覚悟がありますの?

    1ミリも後悔しないと、言い切れますの?


    ―そうですか。
    ならば、わたくしは、再び貴方様の<翼>となりましょう。

    ただし、片道しか保障しません。
    わたくしにできるのは、お手伝いのみ。

    そこからは、貴方がた人間の領域ですの。
    完璧に焦がれ、願いを叶えんと羽ばたいてゆく―。

    たとえ、太陽に身を焦がして、
    その愚かさゆえ、悪魔の差し出した手を取ろうとも…

    乞い願い、恋願い…希(こいねが)い。

    不完全ゆえに永遠なる旅路を行く、<エヴェレットの申し子>。

    ですが、貴方様は、そのひとりでしかありませんの。
    どうか無理をなさらず…ご無事でお帰りくださいませ―










       (わたくしは祈っておりますの、

        あなたが普通のしあわせを手にすることを―)




      ((運命の女神よ、どうか、少しでいいのです。

        この子に太陽を―

        夏の日差しを、愛の種床を、柔らかな掌を、どうか…))








    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
     とってもとっても励みになります!




    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する