--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    01

    『夏芽楽団交響曲          ~交響曲第6番“運命”~』

    「この朝顔の世界では芸術ばかりがもてはやされる。
     私みたいに学問を極めようとする人間は、
     まるで希少動物のような扱いをされるわ。

     まあ、でもここはいいところよ。
     <昼蝉>にいた私ならわかる―あそこはまるで動物園よ。
     残酷な子どもたちが大人達を飼い慣らす最低な世界。
     
     その点<朝顔の世界>の美しさは…私にはまるで宝石のよう。
     だれもが愛し愛されていて…私には眩しすぎる。

     でも、不思議と住みにくさは感じないの。
     美しいものがだいすきな朝顔の人たちは、みんな、美しいの。

     きっと心のなかに宝石を隠しもっているに違いないわ。
     そう、<常闇>の青の禁猟区の動物たちのように…」

    そう語るエマは、穏やかな喜びと憧れを瞳に宿し、
    深みのあるこんがりとした三つ編みを揺らした。

    「もしかして、エマは多重世界の旅人
     <エヴェレット・トラベラー>?」







    「…そう」
    静かに、うなずくエマ。
    伏せられた長いまつげの奥には、
    胸を締め付ける、
    ちいさくて大きな悲しみと、決意と、
    それらをすべて包み込むような肯定のひかりが宿っていた。

    「―でも、もうあの長い旅は終わりよ。
     私の家<ホーム>はここ。
     私は朝顔の世界で一生を終える。そう決めたのだわ」

    嬉しそうに、誇らしそうに、柔らかな微笑みを浮かべるエマは、
    いつものクールな振る舞いを軽やかに脱ぎ捨てていて、
    とっても素敵にみえた。

    きっと、たぶんだけど、エマは…エマニュエルは、
    悲しみや苦しみの果てをみつけたんだ。

    どこでもない、誰でもない、自分自身のなかに。
    だってそれは、そこにしかないから。

    天国なんてない。楽園なんてどこにもない。
    救いだってない。
    ―自分のなかにしか。

    ひとはみんな、自分のなかの宝石をみつけるために生きていて、
    誰かに隠れている宝石だって、自分自身の鏡なんだ。

    エマがたどり着いたのは、そういう種類の答えだって、
    わたしはなんとなく悟った。

    「へえ…でも、ちょっと羨ましいな。
     わたしは昼の世界と朝顔の世界しか知らないから、
     ちょっと興味あるかも。

     …って言ったらどんどん気になってきた!
     ―ねえ、エマ、教えて! 」

    私はエマの膝にくっつく勢いでねだった。

    「甘えないの。夏芽は本当に知りたがりなんだから。
     あなたの悪いくせよ?」

    「…でも、教えてくれるんでしょ?」

    わたしは目を輝かせ、
    エマの穏やかで大人っぽい、湖みたいに優しい目を見上げた。

    そして、謎めいた紫の斑点(はんてん)の散る、
    とてつもなく冷たいのに、あたたかくて、

    落ち着いた闇をたたえているのに、
    ほのかに光の抱いたように澄んでいる、

    その暗緑の瞳の奥に、わたしはみつけたんだ。

    エマの、宝石を。
    わたしの、胸の奥にもきっと隠れている、それを。

    エマはふふ、と嬉しそうに微笑った。

    「―あなたが、どうしても知りたいならね?」

    そうしてわたしは、たくさんの知らない世界のことを、
    わくわくしながら聞いた―。

    その頃のわたしは、本当になにもしらなった。
    まさかこの世界が、終わりを迎えているなんて―。

    でも、断言できる。
    それは、きっと<運命>で、<定め>なのかもしれないけれど 、
    だからこそ、<エヴェレットの子どもたち>であるわたしたちなら、
    その運命に抗い、立ち向かうことができるんだって―。

    わたし、<空橋夏芽>の物語は、
    こうしてはじまりを迎えようとしていた。

    終わりが襲い来るのが先か、はじまりが終わりを追い越すのが先か―。

    賽は投げられた。
    神々がいなくなるまで、あと7日間―。





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
     とってもとっても励みになります!




    br_decobanner_20120205210256.gif
    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    Nicola
    うおおお…!!!なんだかいいところで…!!!
    REO.さんは、こうなんというか、次話への引っ張り方が上手ですよね。
    「ほうら、続きが気になるでしょー?おいで~?」みたいな。手招きされてる感じがします。
    私はいつも「これは…どう落として次へ繋げたらいいの?」ってハテナマークを頭に浮かべまくりながら書いています笑

    エマさんの雰囲気が素敵すぎる…(*´艸`*)
    夏芽ちゃんの「教えて教えて!」の感じもすごく可愛いです…!!
    好奇心旺盛で、前向きで本当に良い子ですね!
    私の未来の子供になって欲しいです笑

    これからどうなるかわくわくです☆
    また来ます!
    2013.12.05 20:02
    REO.
    引きは大事です!(笑)
    次のページをわくわくしながらめくるのがすきなので!!〃

    エマはね。
    実は展覧会の絵編では主人公なのですよ…!
    結構踏み込んだ内容なので、嫌われちゃわないかなあとドキドキしつつ…!
    夏芽の対極にいるような子なので!

    おお!夏芽人気…!
    なんだか作者まで照れます〃

    夏芽はここからが見せ場です。
    二代目蝋燭(ろうそく)の灯しびと襲名なるか。
    そして夏芽の抱いた光の源とは…ロストとは。
    光が強ければ、××もまた強い…。
    唯音の守護者・ハルピィアとの対立…そして明かされる夏芽の真実…。
    これからが本番です!〃(どやあ!)
    2013.12.06 13:52

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する