--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    12

    『夏芽楽団交響曲 最終楽章 “新世界より”』

    目を開いた。

    ぼんやりと、天井が映る。

    「…ゆ、め…?」

    「―夢じゃない」










    わたしの視界に、さらりと、白金の髪が、
    朝露に濡れた若葉みたいな瞳が飛び込んできた。

    「…夢じゃない。君は、この世界に帰ってきたんだ」

    温かい感触があった。
    眠っていたわたしの手を、唯音が握っている。

    たぶん、ずっと。
    わたしが目覚めるまでの長い時間、隣にいてくれた。

    わたしの片翼。
    わたしを呼び戻す、唯一の音色。

    君島唯音。
    わたしの、愛しいひと。

    ―あ、そっか、だいすき、じゃないんだ…。

    唐突に、気づく。
    すきとか嫌いとか、そういう感情とは、
    ぜんぜん違うものが、わたしの心をいっぱいにしていた。

    唯音のすべてを包んであげたくて、おんなじくらい、包まれたくて、
    もうなにもかも、あげたっていいし、
    ―なにもかも、取り戻してあげたい。

    いつの間に、こんなにすきになっていた。

    すきって言葉じゃちっとも足らないくらい、
    胸がいっぱいになっていた。

    ―そうだね。
    …そうだよ、唯音。
    わたしは、最初からきみに、惹かれてた。
    まるで磁石のNとSみたいに…女神さまの定めた運命みたいに。
    唯音のすべてが、輝いてみえていたよ。

    そのつややかに磨かれた宝石みたいな瞳が、
    小鳥のさえずり<トリュ>みたいな声が、
    ヴァイオリンを滑る、繊細な指が、
    照れて色ずく、さくらんぼみたいな頬が、
    奇跡みたいに澄んだ心が、たましいが―。

    ほんとうに綺麗で、言葉をなくしちゃうぐらい素敵で、
    心地よくて、あたたかかった。

    まるで、魔法にかかったみたいだった。
    一生とけない、素敵で無敵な魔法に。

    じんわりとあたたかくなる胸が、ふと冷たくなる。


    「―唯音。朝顔の世界は…?」

    声がかすれる。
    胸がつかえて、手足がしびれる。

    「…消えた」

    「…そっか…」

    もう、ヴィオロンが人間の言葉をしゃべることもないし、
    ハルピィアさんや、リリカに会うことはできないんだ…。

    この世界から愛と芸術だけを取り出した、
    あの奇跡みたいにきれいな世界は消えちゃったんだね…。

    たくさんの思い出が、わたしの胸をよぎった。

    楽しいことばかりじゃない。
    辛いことも、苦しいこともあった。
    だけど、だからこそ朝顔の世界は、あんなに輝いていた。

    破ったら死んでしまう命がけの約束。
    それによって叶う、全身全霊の愛の魔法。
    それは、エヴェレットという観察者による、
    甘やかされた砂糖菓子の世界で、
    ほんものでは、なかったのかもしれない。

    でも、だからって、
    にせものだからって、ほんものよりたいしたことないって、
    消えてしまったって当然だって、思いたくない。

    わたしが、ただの元気な夏芽じゃいられなかったように。
    本当は、ただの欲しがりの、
    愛されたがりの、にせものだったように。

    じわり、と目の端が歪んだ。

    「っう…」

    溢れる涙を、嗚咽を、腕でぬぐう。


    「ぅえ…っ、」

    ぐっとこらえる。
    いつかのわたしが、そうしたように。

    ほんとうのパパとママを失ったわたしが、
    お義母さんやお義父さんの前で、ふたりの真似をしたように。

    笑え。
    笑え。

    張り裂けそうな痛みも、悲しみも―。
    すべてを包みこんで、もう一度、魔法をかけるんだ。


    『笑顔は、愛は、最強なんだよ!』


    その、あったかい、やさしい呪文を…―。


    そっと、わたしの腕に触れたものがあった。
    …あったかい。
    すべらかな、繊細な、やさしい手だ。

    壊れ物を触るみたいな、遠慮がちなその手つきは、
    やがて、しっかりとその腕をつかんで、優しくおろさせる。

    顔を隠すものがなにもなくなって、
    潤んだ目で、不安げに唇を震わせるわたしに、
    唯音は、そっと微笑んでみせた。


    「…大丈夫だ」

    控えめな笑みだった。
    なのに、瞳は溢れそうに、力強かった。
    あたたかかった。

    この世界で誰より、なにより、あたたかかった。


    「マルシェが、最後の瞬間、世界の一部を結晶化した。
     ほんとうにぎりぎりだったが…おかげで、酩酊博士は大忙しだ」

    「…え…?」

    「朝顔の世界は滅亡した。
     代わりに、その奥底にあった、種…
     <朝顔のかけら>が手に入ったんだ。
     時間はかかるが、充分復元は可能だ。
     なにせ、ぼくたちは、管理神のひとり、
     観察者<エヴェレット>の愛し子だからな…」

    そういって、わたしの手を、その白磁みたいな頬に寄せて、
    頬ずりするように、そっとすりよせた唯音は、
    とってもしあわせそうな笑みを浮かべていた。

    つむったままの目。
    長い夜の世界を旅したツバメが、やっとお日様にたどり着いたような、
    そんな、おだやかな至福。

    唯音、きっときみは、悲しみや苦しみへの答えをみつけたんだ。

    エマがみつけたのとはまた違う、唯音だけの答えを。

    唯音の歩んできた人生の、意味を。


    「…よかった」

    わたしは、たまらないほど優しい気持ちになって、
    息づく胸の温かさのままに、唯音の体を抱きしめた。

    「よかったね…っ」

    「―ああ」

    唯音は、安心したようにそうつぶやくと、
    ふんわりとその腕をからませ、抱きしめかえした。

    その瞬間、抱えていた、
    重い、重すぎる悩みなんて、どうでもよくなった。
    押し込めていた闇は、蝶みたいに羽ばたいて、“飛翔”してゆく。

    別に、消えたわけじゃない。
    闇も、影も、何度だってわたしを襲って、苦しめるだろう。

    でも、それには、いつか終わりが来る、と思った。
    それは、ただの気の迷いよりもずっと確かな、ひとひらの予感だった。


    ふと、思い浮かんだ記憶があった。



    『ペルソナって知ってるか』


    『え?』


    『心理学用語だ。
     人がなにかを演じようとする時の仮面のことを言う』

    『何回演じようが、きみの本質は変わらない。
     取るに足らない、つまらないものだ―…、
     …そう思うかもしれない。

     だがそれは嘘だ。それこそ嘘なんだ。
     嘘どころじゃない、大間違いだ』



    『君の仮面も、また君自身なんだ。
     人は美しい表現を口にすることで、自らも美しくなる。
     いや、美しいと感じるその感性こそが美しいんだ。
     
     人は他人のなかに自分自身をみつける。
     そして、自分自身のなかに他人をみつける。

     そう、君の演じたものは、君の作りだしたものは、
     すべて君自身という材料からできているんだ。
     
     君は明るい自分を、元気な自分を、
     本当の自分ではないといった。
     
     ―でも、そんなわけはない。
     材料がなければ、家は作れない。
     食材がなければ料理はできない。

     君は、明るくて、元気な種を持っている。
     だから花が咲いた。
     いつも明るくて元気な、君という花が』
     

    『…だから、悲観するな。嘆くな。
     君はいつだって、君だ。君自身だ…。

     君の嘘など、君の隠し持った真実の前では、
     ちっぽけなものだ。
     
     たとえ君がどんなに落ち込もうとも、日は登る。
     君がどんなに暗くなろうとも、光はさす。
     ―そう、多くの影を取り除くのは、
     一筋の日光でじゅうぶんなんだ』


    そういって、唯音は、泣きながら助けを求めるわたしに、
    その白磁みたいな、やわらかな手を差し出したんだ。

    『“笑顔は、愛は、最強!”なんだろ?
     ―それを、君の手で証明してみせてくれ』

    …そうか。
    そうだったんだね。

    答えは、ぜんぶきみが知っていた。
    あの時のわたしは、ぜんぜんわかっていなかった。

    今だって、完全にわかっているなんて、いえない。
    だけど、澄んだ水が岩に染みるように、
    ゆっくりと、わたしの心は、色を変えてゆく。

    少しずつ、すこしずつ、わたし達は、わかりあってゆくんだ。
    わかりあって、とけあって、ゆけるんだ。

    たとえわたしのなかに、どんな暗闇があっても、
    それを照らしてゆける、きみがいるんだ。

    ずっとそばにいて、受け止めてくれて、
    許してくれて、包んでくれるんだ。

    それが永遠に続くわけじゃない?

    ―そうだね。
    ひとは、簡単に死んじゃうから。

    パパとママがそうだったように、唯音だって、いつかは消えちゃうよ。

    でも、この事実だけは、永遠だよ。
    唯音が、わたしにしてくれたたくさんのこと。

    やさしさ。
    あたたかさ。

    それは、うそじゃない。
    にせものじゃない。
    だから、このしあわせだけは、
    きっと、ぜったい、一生わたしを生かしつづけるよ。

    この胸のなかで、消えない魔法となって、生き続けるよ―。

    ながいながい時間、わたしと唯音は、無言で抱き合っていた。

    ふわふわした嬉しさと、あったかい幸せが、
    唯音の体温越しに、胸をいっぱいに満たす。

    “ああ、もうなにもいらないかな…。”

    ―そう、本気で思っちゃうぐらいに。




    やがて唯音は、ぽつぽつと語りだす。


    「…これから作ってゆく新しい世界では、
     ぼく達七人が、一丸となり、
     観察者<エヴェレット>の力を借りて、秩序を保つ」

    「え…?」

    「実は君を探しているうちに、彼に…エヴェレットに出会った。
     彼は、最初から、こうするつもりだったらしい」

    『呪われた力で支配するのは、常闇の世界の専売特許だ。
     その長い夜に、たったひとりの少年が、蝋燭を灯して回ったように、
     この世界でも、同じことが行われるべきだ。

     だが、あいにくぼくは、人の真似が嫌いでね。
     オリジナルの要素として、軽く世界を滅亡させ、作り直すことにした』

    『軽く…?それじゃあまるで』

    『ああ。まあね。
     でも、<十字架の人柱>なんて、今流じゃないだろ?

     だから、根本的改革として、神様という基礎概念と、
     マンネリ気味な世界律を、一新してみた。

     新しい世界では、愛という電池で、すべてをまかなう。
     低コストで、最大のパフォーマンス。

     代わりに、ファンタジックな力はほとんど使えないが、
     まあ、それで充分だろう』

    くくっ、と明るく笑う彼は、
    容姿こそ俳優のように整っているものの、
    まるで普通の男だったが、
    その体は信じられないほどまばゆく光輝いていた。

    『あなたは、一体…』

    『ああ、ぼくは、
     4つの鏡面の世界の観察者にして、朝顔の世界の顧問。
     まあ、管理神と呼んでくれてもいいよ。
     名を、エヴェレット・ヴァシュレンタイン。
     どっちも名字なのは気にしないでほしい。
     名前など、ぼくにとっては無意味だからね』

    『…?』

    『それでもぼくを呼ぶというなら、
     気軽にエヴェレットと呼んでくれてかまわない。
     
     君たちは、いわばぼくに選ばれた、特別な子どもたちだ。
     この世界を、君たちに預けよう。
     
     ―だが、夏芽、といったかな?
     彼女は朝顔の女神にふさわしい資質を持っているが、
     彼女の母親…運命の女神<メリーアン>は、
     最初から女神にするつもりなどさらさらなかったようだ。
     君も、破壊と創造の神となるには、優しすぎると言っていたね。

     君たちに、神の真似事はできない。
     終わりきったぼくたちの二の舞も避けたい。
     
     ゆえに、君たちの役割は、さしづめ中間管理職だ。
     言い換えれば、
     ぼくから受け取ったエネルギーを行き渡らせる、運び屋だね。
     それには、夏芽君の、
     <なにも奏でないのにすべてを奏でるタクト>と、
     君の、<共鳴と増幅のヴィオロン>が必要だ。

     世界をあるべき形に調律し、正の感情を集め、増幅させる』

    『あなたと運命の女神は、いったい…』

    『―どんな関係だと思うかい?
     だが、真実など、俯瞰すればたいしたことはないんだよ。
     君をがっかりさせるのもなんだし、
     もうしばらく、秘密にしておこう。
     
     ―だが、夏芽の父親に関してなら教えよう。
     空橋四季。
     四音音楽学園の理事長にして、音楽の父<バッハ>の魂を継ぐ者。
     まあ、ぼくからすればただの子羊にすぎないが…。
     君にとっても、尊敬すべき人間なんじゃないかな。
     ―四つの魂の後継者よ』

    『え…』

    『てっきり、もう失ったと思っていたかい?
     あの人はそう狭量ではないよ。
     ただ、君たちを試したかっただけだ。
     一応神だからね。たまにはちゃんとしたかったらしい。
     
     だが、運命の女神なんていうが、
     彼女もまた、一児の母にすぎないんだ。
     
     ただ人一倍欲しがり屋で、人一倍甘えん坊で…、
     人一倍、愛たるものを知っているだけの人だ。
     まあ、誰かに似ているなんて、
     わかりきったことは言わないでおくよ』

    ああ、それから…と、振り向いたエベレットは、
    にやり、と満足そうに笑った。

    『夏芽に伝言だ。
     ぼくは顔を合わせるわけにはいかないから、
     君から伝えてくれたまえ』



    「―え?結局、なにがどうなったの?
     女神様がわたしのママだとか…それって嘘じゃなくて??」


    「ぼくもそう思った…だが、あの時空から舞い降りた女神様は、
     君そっくりだった。

     髪が長くて、うら若い女性だったが、
     君が成長したら、ああなるのかもしれないな」


    「えーっ。いやいや、ないよー!
     きっとエヴェレットさんのジョークだよ!
     わたしが神様の血をひいてるとか、絶対ありえないって!!」

    「だがな…」

    「本当に違うって!
     だってわたしはただの…。
     <元気だけが取り柄の、普通の女の子>だもん!」

    「君が言うか」

    ぼくは、苦笑する。
    世界で一番強くて、けなげな、ぼくのヒロイン。
    ぼくを守ると言ってきかない、困ったヒーロー。

    ああ。そうだな。
    君は世界一特別な、普通の女の子だ。
    この先なにが起ころうと、そのことだけは守ってみせる。

    あのとき、あの瞬間、
    ぼくは、ぼくの生まれてきた意味を悟った。
    ぼくが歩んだ、短い、まだ始まったばかりの人生の意味を。

    大げさだろうか。
    ―いや、とんでもない。
    夏芽がいれば、ぼくは、ヒーローにも、ヒロインにもなれるのだ。
    この半端な性も、そのために与えられた、女神様の祝福だと、
    今なら信じてもいい気がした。

    苦難は続くだろう。
    ぼくは、どちらの性にもなれない。
    だが、夏芽は、ぼくたちは、
    そんなことで、不幸になったりしない。
    互いの翼を重ねて、どこまでも飛んで行けるだろう。

    守ったり、守られたり、抱きしめたり、抱きしめられたり、
    与えたり、もらったりしながら、
    愛という光の魔法を、奏で続ける。

    不思議と、失える気がしない。
    たとえどちらかが潰えても、
    きっと、この魔法は永久に解けないだろう。
    君のくれた奇跡は、ぼくが消える最期の瞬間まで、
    この胸で、息づく。

    ただひとつだけ願うとしたら、
    やはり、看取るのはぼくでありたい。

    けなげな君は、きっとぼくという喪失すらも、
    受け止め、抱きしめながら微笑うのだろうけど、
    強くたくましい君の、真実の涙をみてしまったぼくは、
    やはり君からは、もうなにも失わせたくないのだ。

    これだけは、絶対に譲る気はない。
    エヴェレット(あのひと)の言った通り、
    ぼくは結構、いやかなり狭量で、わがままな奴なのだ。



    『“―そして、貴方の娘さんをぼくにください”だって?
     どさくさにまぎれて、ずいぶん大胆なことを言ったものだ。
     まあ、あの人のことだから、くすくす笑って、
     はい、どうぞどうぞ、と冗談めかして答えただろう。
     おっと、伝言だったな。
     こほん、―伝えておいてくれたまえ。
     
    “君が持つ闇など、しょせん大したことはない。
     多くの影を取り除くのには一筋の陽光で十分なんだよ”とね。
     
     まああの子なら簡単に持ち直してしまいそうだな。
     自分が悲劇的な主人公<ヒロイン>だなんて幻想、
     すぐに捨ててしまえるだろう。
     
     君という、
     ほんとうに自分を特別扱いしてくれる片翼さえあれば、
     あの子はついには、自分の影<シャドウ>さえ、
     受け入れることができるようになるだろうからね。
     
     そう、“笑顔は、愛は最強なんだ”と、
     もう一度魔法をかけることができる。
     今度は永遠に解けない、<最強の魔法>をね。
     
     今回の出来事は、そのためにあったと思ってもいい。
     …この世に、偶然などなにひとつないのだから。
     まあ、教訓だと思って、これからも励みたまえ。
     人生という、儚くも長い、美しい道のりをね』





    世界は、回る。
    運命の女神と、観察者の御手で、何度でも繰りかえし、
    進化と変化を紡ぎながら、
    消滅のその時まで、輝きつづけるだろう。



    空橋夏芽は、この先、一生、女神にはならないだろう。
    だって、彼女は、
    自分は特別じゃない、と気づいてしまったからだ。

    唯音だけの特別でいたい、と思ってしまったからだ。
    そして、自分は普通だと、
    最後まで思いこみながら、死んでゆくだろう。

    それが彼女の、なによりの願いであり…。
    きっと、最上にして、最高の人生―なのだから。












    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    Nicola
    読了です!!!
    美しいお話でございました…!!

    夏芽ちゃんの
    『わたしを呼び戻す、唯一の音色』
    ってフレーズがもう胸にズキュン☆でした!
    なんて素敵なフレーズでしょうか…

    すごく柔らかくて気持ち良い区切れ方でした。
    なんかもう読んでて、思わずこっちまでふわふわしてしまいそうな。

    夏芽ちゃんと唯音の二人なら、これからもずっと前を向いてしっかりと進んでいくんだろうな、と。
    なんとバランスのとれた、というか、二人で一つみたいな感じで、お互い良い関係ですね…!

    恋情編で二人がどういうやりとりをしてくれるのか、楽しみにしながら!
    また読みにきます!
    2013.12.29 17:56
    ❁♥REO♥❁
    ありがとうございます!
    そんな風に言っていただけて、嬉しいです!*

    あったかくて、読んでいて心が温まるような、
    暗雲も雨も風も雪も、ぜんぶまとめて吹っ飛ばすようなお話を目指しました*

    (クライマックスのラ・カンパネルラあたりは、
     さすがにロマンチックすぎて、書いたあと気恥ずかしかったですが…!〃∧〃)


    そうなのです!
    『わたしを呼び戻す、唯一の音色』のあたりは、
    ふたりをまとめて救う、<無敵で素敵な魔法>だったりして、
    とっても大事なフレーズなのです(*´ω`*)


    愛に飢えた子どもたちのための楽園世界<ロスト・シンフォニア>…。
    天国みたいな、あるいは、理想郷のような。

    運命の女神は、唯音からたくさんのものを奪っていきましたが、
    もうひとりの女神、愛の女神、<メリーアン>は、どこまでも夏芽のお母さんで。

    最後にふたりに、天からのマナのような、永遠のしあわせを降り注ぎました。
    そのしあわせは、きっと、いつかの未来、
    朝顔の世界が朽ちたあとも、揺るがず、ふたりを包みこむのでしょう。

    はい*
    片翼と片翼、ひとりでは飛べなくても、ふたりなら、飛べる。
    そんな、無敵にして最強のふたりなのです。

    恋情編では、様々なキャラが思い思いの恋に奔走します。
    唯音の知られざる過去や秘密が描かれたり、
    甘酸っぱい恋人未満、友達以上が語られたり、
    色々な恋の歌を散りばめました。

    ですが、夏芽と唯音のいちゃいちゃあたりは、
    照れてしまって収録していなかったので、悩ましいです(笑

    期待には答えたい…でもラブラブすぎて恥ずかしい!という感じなのです…!〃∧〃

    ちょっと本気で検討してみます!

    「我が矮小な躰(からだ)に偉大なる勇気よ・・・舞い降りろ!!」(チカ風に)



    2013.12.30 21:33

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する