FC2ブログ
    13

    『夏芽楽団交響曲 “展覧会の絵”~ある兄妹のための前奏曲~』



    「…おにいちゃんのせいだとは思ってない。
     ―永遠音のせい。
     ママは心臓が弱かった。永遠音を生んだから…。
     ―パパも、ママがいなくなったから…」

    「そんなことない」
    唯音が、驚いたように言う。

    「…ある」
    無表情で、永遠音が、否定する。

    「そんなことない!」
    大声で、唯音は、なおも、繰り返す。

    「―ある!!」
    永遠音も、必死で主張する。


    「…っ、君が思い悩む必要はない!
     ぼくのせいだっていってるだろ!!」

    「違う。永遠音の、永遠音のせいだもん!!」

    みかねた夏芽が、飛び出そうとする。

    それを制し、私は低い声で告げる。

    「―もう、いい加減にしたら?」










    凍りついたように、ふたりはこちらをみる。
    その姿に、私は冷めた目で告げる。

    「美しい兄妹愛はいいけど、唯音。
     あなたは永遠音のことを考えていない」

    「―ぼくは…!」

    珍しくかっとしたように言い返す唯音に、言ってやる。

    「…考えてないでしょ?
     自分だけ悪者になろうなんて、底が浅すぎるのよ。
     相手をみなさい。
     心優しくて責任感の強い永遠音のような子には、逆効果。
     帰って、自責の念を高めるだけ」

    「エマおねえちゃん…っ」

    うつむいて叫ぶ永遠音に、私は、つい、と視線をすべらせる。

    「あなたもあなた。
     今のは、ぜんぶあなたにも当てはまることよ。
     唯音とあなたは同じ。
     お互いに自分だけ背負おうとするのは、
     優しさじゃなくてただのエゴ。
     相手はそんなこと望んでいないわ」

    「だ、だって…!」

    縋るように言った永遠音に、エマは言う。

    「だって、なに?」


    「エマ…」

    「夏芽は黙ってて」

    同情したのだろう、口をはさむ夏芽を、ぴしゃりと切って捨てる。

    思った通り、永遠音は、ぽつぽつと話し出そうとしていた。

    「パパとママがいなくなってから…、
     おにいちゃんは、わたしをみるたびに、暗い顔をする。
     それは、永遠音のこと、いやだから…」

    「…まだわからないのかしら?
     そうやって決めつけて、誰がしあわせになるの?」

    ぎゅっと口を噛み、こぶしをにぎる永遠音に、ため息をつく。

    「あのね、あなた達兄妹がすべきことは、
     重荷を奪いあうことじゃなく、分かち合うこと。
     
     真実なんて、そんなもの、どんな価値があるの?
     
     どちらが悪いとか、不毛な言い争いで時間を費やして、
     自己嫌悪に浸っている暇あったら、
     お互い、相手のことを想いやりなさい。
     あなた達は、真偽はどうあれ、両方が同罪。
     だから、許しあいなさい。相手を、そして自分を」

    「……」

    唯音と永遠音は、黙りあった。
    そっと相手を伺い、そして、目をそらす。

    夏芽がこくり、とうなずき、静かに立ち去るのをみて、
    私は内心ほっとしながら肩を下す。

    「ぼく達は、間違っていたのか…?」

    思わずだろう、心の声をもらした唯音に、私は、微笑む。


    「ええ、そうよ。しばらく反省するがいいわ。話はそれからよ」

    そう言い残し、踵(きびす)を返すと、
    いまだ沈黙するふたりを後にした。
    関連記事
    スポンサーサイト



    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する