--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    23

    『リシアンの契約・アフターエンドロール “理緒” ひとつの夢が咲くとき』



    ひとりになりたかったんですの、と理緒先生は言う。

    ちょっぴりさびしそうな笑み。
    それでもその口調は、
    とっておきの打ち明け話をするように、ほのかに明るかった。

    「大勢の男性に好かれましたわ。
     でも、それはわたくしのこの少しばかり恵まれたプロポーションと、
     女医というブランドのおかげ。
     本当のわたくしをみてくれる殿方はひとりもおりませんでしたわ」

    それに気づいたのはだいぶあと。

    だからこそ、途方にくれた。

    「…わたしは、ばかな女だったんですの」

    控えめに微笑みながら、明るく、理緒先生―リオンさんは言う。

    気づいた時には、初めてのお付き合いのだいぶあと。
    広大な道の真ん中に、ひとりきり。

    泣きべそをかきたい気持ちでいっぱいだった。
    すみっこに座りこんだ。

    いっそ、子どものように泣いてしまえたらどんなに楽だっただろう。

    初恋にやぶれた少女のように、大泣きできたら。

    そんな時でしたの、とリオンさんはちいさく微笑む。

    「御前(おまえ)、泣いているのでやんすか?」
    疑問に思って目を上げる。
    ちいさな体だった。
    青紫に発光する、わたあめのようにまんまるな身体。
    緩やかなラインを描く、しゅるりとしたしっぽ。
    ふにふにとしたマシュマロのような触覚。
    加えて三日月のようなきらきらした目をした、可愛いらしいお化け。

    それが、わたくしの前にいた。


    「御前、まさか話すこともできないのでやんすか?」


    呆れたように、ぷふんと鼻息をひとつ。

    偉そうだが、それはそのチャーミングな容姿とあいまって、
    どこか強がるこねこのように可愛らしかった。

    「わたくしは…」

    そうだ。わたくしは、誰なのだったか。
    意識が曖昧で、ひどくぼんやりしている。
    視界も霧がかったようで、まるで夢のようだった。

    そうか、夢。これは夢なのだ。

    わたくしはおかしくなって、少し笑った。

    「わたくしはリオン。ミュステーリオンですわ」

    不思議とすらすらと口をついた。

    子どもの頃読んだ童話に出てくる、謎解きの神。

    恐ろしげで、謎めいた、美しい知識の神。

    あんな風に聡明で、超越した存在になれたなら、
    このちっぽけな悩みなど消し飛んでしまいそうだった。

    「…そうでやんすか。ならば、そう振る舞うがいいでやんす」

    一区切りすると、しゅるん、と近づき、まっすぐにわたしの瞳を覗きこむ。

    「ここは昼の世界と夜の世界の狭間。御前の望みが叶う場所。
    言ってみるでやんす。
    古き信託の神、オラキオスのなれの果て、
    オラシオンの名において、御前に力を与えよう」

    「オラ…シオン?」
    「なんでやんすか?」

    「とっても素敵なお名前。それに、おそろいですわ」

    「…?」

    「リオンとシオン。まるでふたごの家族みたい。
    …ふふ、シオンさま、あなたは素敵な紳士ですのね?」

    その存在が、自分とはほど遠い高次の存在だと、もう気づいていた。
    だけど、その存在―きっとおとぎ話の神さま…は、
    それでも、可愛くて、可愛くて、仕方なかった。

    容姿といい、しゃべり方といい、存在といい。

    そしてなにより素敵なのは、
    そんな彼とわたしは、愛称にすれば、たったのひと文字違いなのだ。

    そのことが、全身を包み込むぐらいしあわせでたまらなかった。

    みつけた、と思った。賭けよう、と思った。人間でなくなってもいい。
    いっそ、今までの自分をぜんぶ捨ててしまったらいい。
    わたくしは、リオン。知恵の神、ミュステーリオン。
    わたくしは、このひとのくれた運命にすべてを委ねよう。

    そう思った瞬間、胸が熱くなった。
    軽やかに、踊る心音。
    まるでなにかに包まれているかのように上がる体温。

    その高揚感と、開放感といったら!!

    わたくしは、微笑み、おじぎをする。

    「神さま。わたくしを、あなた様の僕にしてくださいませ」

    心からの言葉だったが、彼、いいえ、シオンさまはやや不機嫌そうに目を細めた。

    「断るでやんす」

    「…なぜ?」

    なんとなく、わかっていた。
    けれど、口をついたのは、疑問の言葉だった。

    「御前は、自由でやんす。
     我のようななれの果てには、御前は見合わない。
     御前は、我なしでも、じゅうぶんでやんす」

    「それは…」
    心ぼそそうに不満を述べるわたくしに、彼は続ける。

    「だから、その翼で、羽ばたいてゆけ。
     御前は、紫の神にふさわしい。
     その美しい神格でもって、知識を、真実を乞う民に、
     手を差し伸べ、導くことが、御前にふさわしい生き方でやんす」

    まるで、とびきりの賛辞を贈るかのようなことばに、身体が震えた。

    「あなた様は…」

    なんてやさしい。なんて、あたたかな、言葉だろう。
    まるで、道に迷った子羊に手をさしのべる、メシアのような。

    「御前は、知恵の神ミュステーリオン。
     御前にひとつの美しい国と、たくさんの迷える民を託そう。
     御前が、御前であるために、御前が、迷わぬように。
     ―御前の望みを叶えよう」

    その言葉はもうまどろみのなかだった。
    そうして、わたくしは、常闇の国の女神になった。
    紫の国に立つ、知恵と神秘、知識と謎解きの神、ミュステーリオンとして。

    それは、甘いだけではない、けれども祝福にみちた世界だった。
    現実世界の縮図で、そこに隠された真実を強調したような、ゆりかごの世界だった。

    わたくしは、そうして、恋をした。
    その、可愛らしい神さまの、ほんとうの姿をみることもなく。
    ただ、その魂に、そのこころに、心からの崇敬(すうけい)を寄せた。

    でも、彼がなにものだって、きっとわたしは恋をした。
    人でなくとも、神でなくとも、惹かれただろう。

    最高神オラキオスでなくとも、青の神オラシオンですらなくなっても、
    ただの使い魔、紫緒となっても。

    わたくしにとって、あなたは最高の神さまだと、思った。

    こんな取るに足らないお嬢様あがりの女医に、
    その消え失せかけた最後の神権(ちから)をもって、願いを叶えてくれた彼を、
    誰が嫌いになるだろう。

    誰が恋焦がれずに、いられるだろう。

    だから、わたくしは、今日も微笑む。

    この運命に、すべてを委ねようと、そう決めたのだから。

    ―もう、わたくしは迷わない。






    『リシアンの契約』 目次へ...





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する