--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    30

    『鏡の森のエトワール』 第0話“セレナーデとヴィーゲンリート”



    “ 『ぼくは神様を信じないよ』
    …そう言った彼は、わたしと少し、似ている気がした ”




    ※前作の内容を一部含みます。
    前日譚・『夏芽楽団交響曲』 “ある兄妹のための前奏曲”
                      ”練習曲<エチュード>第1番 “人形姫”~








    「ぼくは神様を信じないよ」

    でも、愛は信じてる 。冗談を言うみたいに、
    でも、ひとさじ、照れ隠しをするようにちいさく笑った彼に、
    わたしは、はじめて、触りたいと思った。

    (触りたい。関わりたい。その心に、そっと触れたい。 )

    そのとき、お姉ちゃんの言葉が、心にリフレインした。

    『愛って言うのはね、永遠音ちゃん。
     終わったようにみえても、なくなったようにみえても、永遠に生き続けるんだよ。

     その人の心の真ん中に、いったんお邪魔したら、
     どんなにお願いしても、ぜったいになかったことにならない』

    『…こわい』

    『そうだね。怖いかもしれない。重荷かもしれない。
     ―だけど、その愛って言うのはね、わたしたちを生かす電池なんだよ。

     たとえ、愛してくれたひとがいなくなったとしても、
     そのひとのしてくれたことは消えない。
     嬉しかったことも、楽しかったことも、なくなったりはしない 』

    「…やだ」

    パパとママのことを思いだして、わたしはぽろぽろ泣いた。
    失うのは、こわい。だからわたしは、感情を凍らせた。

    熊さんみたいに、冬眠すれば、辛いことも、悲しいことも、お外のせかい。

    なにもいらない、なにも生まれなかったら、
    なくなっちゃっても、こんな気持ちには、もう、ならない。

    真っ暗な沼に落ちて、溺れて、苦しくて、凍えそうになることなんてなくなる。

    そう、思っていた。
    そのほうがいいって、思ってた。

    夏芽お姉ちゃんに出会って、わたしは、少しだけわがままになった。

    少しだけ、泣き虫になった。

    そして、少しだけ、しゃべれるようになった。

    気がついたら、わたしの心のなかに、夏芽お姉ちゃんがお邪魔してた。

    目を閉じると、暗闇の海に溺れていたわたしにも、
    いつのまにか、聞こえるようになった。



     “わたしは、ここにいるよ”
      
          “―そばにいるよ。”

               “ずっと、永遠音ちゃんの隣にいるよ。”



    そんな、あったかいささやきが。
    魔法みたいに、優しいさざ波となって、
    わたしのかじかむ手のひらに、暗闇の世界に、寄せては返す。

    凍りついた人形だったわたしは、
    いつのまにか、あったかい、お日さまの世界にいた。

    そこでは、太陽がきらきら輝いて、雲がひつじさんみたいに遊んでいて、
    こわいおばけも、いちもくさんに逃げてゆく。


     (おねえちゃんは、最強だ。
        永遠音の、最強の魔法つかい。
            ―だから、永遠音もがんばる。)

       
            ((だって…。))
       
     
      “どんなに怖くても、体が震えても、もうここは、氷の国じゃない”

      
     “もう、わたしは…永遠音は、すきって気持ちをなくしたりしない。

         “―灯しつづけるよ、パパとママからもらった、このしんぞうに”

           
              ““愛”っていう、ひかりのまほうを。”



    「…つきか!」

    「―え?」

    いきなり声を出したわたしに、月花が驚いた顔をする。

    まんまるおつきさまな銀色の目に、わたしがうつる。
    頬をさくらんぼにして、必死に両手を握る、わたしは…。

    距離を縮め、月花の頬に、キスをした。

    「―月花!つきか…わたしは…」

    うまくいえない。
    言葉がはじけては消えて、陸のお魚さんみたいに、息がくるしくなる。

    「つき、か…」

    わたしの目のはしが熱くなって、じんわり、と珠ができる。

    「…エト」

    月花は、笑った。


    涙が、そっとぬぐわれる。

    「…ぼくもだよ。一緒だね」

    …ずっと一緒だよ、エト。

    その声は、まるで幻のように、わたしの耳のなかで、何度も反響した。




    この世で最も素敵な瞬間って知ってる?
    はじめて会った日の、月花の言葉を思い出す。

    窓の下、ちいさな男の子が、
    きざな俳優さんみたいに、一輪の花を持って、歌う。

    エーデルワイス。
    淡い白い花のセレナーデ。

    歌い終わった少年は、語り出す。

    『ねえ、この世で最も素敵な瞬間って知ってる?

     それはね、きっと、だいすきなひとに、イエスって言ってもらえて、
     頭のなかがまっしろになった時だよ。
     うれしくて、うれしすぎて、もう何も考えられない。

     ぼくは想像するんだ。それって、すごくロマンチックじゃないかな?

     そんな願いがもし、叶ったら、
     ぼくはもう死んでもしまってもいいって思えるんだ。

     ねえ、だからエトワール。
     お話しよう。
     聞いてくれるだけでもいいよ。

     毎日、来るから。待っていて―。』



    何度も、何度も、たわいもない話をした。
    わたしはぜんぜんしゃべれなくて、ただうなずくだけだったけれど。
    そのたびに、わたしのこころは解けていった。

    ゆっくりと、ほどけて、つぼみをつけた。

    花咲くにはまだ早い、それは“こい”かもしれなかった。

    「つきか…!」

    月花を、抱きしめる。
    その瞬間、 “すき” があふれた。

      ( すき、すき、すき…!! )


    「つきかあ…っ!」


    言葉にできないもどかしさも、言葉がたらないあふれるきもちも、
    ぜんぶ、ぜんぶ、両手に、全身に、たくした。

    あの日、夏芽おねえちゃんが抱きしめてくれたように。
    こんどは、わたしが、だきしめたい、って思った。

    つきかを。わたしを。この世界の、ぜんぶを。

    それが、“あい”なのかもしれなかった。

    それが、“りゆう”なのかもしれなかった。

    わたしが存在する、“いみ”なんだって。

    おかあさんの命をうばって、ううん、受け取って、うまれてきた“意味”なんだって。

    だったら、もう迷っちゃいけない。
    もう、立ちすくんで、閉ざして、いちゃいけない。

    わたしは、月花の“かのじょ”になる。

    月花の、“およめさん”に。



    そう、わたしは、思っていた。

    ほんとうだった。
    本気で、本音だった。
    でも、運命は、わたしをのみこんで、ちがう結末をもたらそうとしていた。

    ううん。
    ちがう。わたしは、誰でもないわたしは、もうひとつの可能性を、選びとったんだ。

    月夜の小夜曲<セレナーデ>に導かれた、
    “君島永遠音”と、“夜宮月花”は、ちがう道を歩くことになる―
    …その頃のわたしは、そんなこと、しるわけもなかった。

    けれど、このものがたりは、悲劇でも、アンハッピーエンドでもない。

    『じゃあ、どんなものがたり?』


    それはね…。







    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif



    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    Nicola
    こんばんは!
    悩みに悩んだ末、エトワールを選びました(*´ω`*)
    一番新しい作品がどうしても…気になるお年ごろ(性格だろ
    というか、スノゥが気になりすぎて!!

    くう、最終話を迎える前に読み始めたかった…!と少し悔しい思いをしながら、相変わらずののんびりペースで読み進めたいと思います(*´ω`*)
    2013.11.05 21:03
    ❁♥REO♥❁
    こんにちは!
    あらためて、エトワールを選んでくださって嬉しいです!

    鬼畜作者のせいでハートフルボッコ展開もありますが、
    たぶん、バッドエンドにはならない…はず!なのでご安心を!(あいまい)

    スノゥはある意味魔王よりもぱないおじいちゃんなので、注目しがいがあるやも…!!
    アホアホヘタレ魔王より100倍役に立つスーパーエネルギッシュ・シルバー世代です。

    困ったときはやっぱりお年寄りの知恵ほど心強い…(いい加減黙りますね*´λ`*)

    主人公ちゃん(永遠音)の成長っぷりもみどころなので、
    あたたかく見守っていただけると…!
    2013.11.06 17:26

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する