--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    10

    『鏡の森のエトワール』~第1話 “ようこそ鏡の童話展へ”~

    個展に来るのははじめてだった。

    鏡の童話展。
    異世界に迷い込んだ少女をテーマにした、
    絵本のような、それでもリアルな絵が続く。

    繊細なのに、大胆な筆致。
    暗色だったり、パステルだったり、シーンによって、まるで印象が違う。

    絵のことはよくわからないわたしだけど、
    かすかに立ち込める油絵の具のにおいが、
    とてもすきだと思った。


    「―永遠音(とわね)」







    わたしを呼ぶ声に顔をあげる。

    小鳥のさえずりのような声が、きれいだと思う。

    若葉色の宝石のような瞳に、
    アンティークドールみたいな白金色のミディアムボブ。
    バンビのような華奢な体躯は、奇跡みたいな造形だ。

    (おにいちゃんは、きれい。)

    「どうかしたか?」
    「ううん。きれいだなって」

    「―そうだな。
     知るひとぞ知る大物美術家達が描いた作品ばかりを集めた、
     覆面展覧会だけあるな。
     業界をまたいで特別に招待されたぼくたちは幸せ者だ」

    ちょっとずれているけれど、
    それでも、おにいちゃんは、おにいちゃんだ。
    女の子のような容姿だって、
    女の子でも、男の子でもない体だって、
    書生さんみたいな独特の口調だって、
    その品格をすこしもそこなったりはしない。

    むしろ、プリマドンナの「烈火さん」みたいに、
    どこもかしこも女神さまに愛されて生まれたみたいだって思う。

    それはそうと、わたしはふつうに女の子の体で生まれて、
    おにいちゃんの妹を、満喫している。

    おにいちゃんは天才中学生作曲家で、
    ヴァイオリニストまでやっていて、
    ほんとうにすごいと思う。

    バレエ界の幼きプリンセスとか、
    一番星<エトワール>と呼ばれているわたしより、百倍すごい。

    と、たくさんほめちぎっちゃって、信者だなあとは思うけれど。

    おにいちゃんの第一のファンであるわたしは、
    やっぱりほめたたえることしかできない。

    ほうっとため息をつく。

    目線は個展の絵だけれど、心はおにいちゃんをみつめている。

    (こういうのを、なんだろう…ぶらこんっていうのかな)

    もう一度ため息をついていると、

    「疲れたか?」
    と心配そうな顔。

    「ううん。あ、でも…」

    「喉が乾いたんだな。ジュースを買ってこよう。確か、フロントに…」
    と目線をめぐらせながら、すたすた歩いて言ってしまう。

    「あ…」
    大丈夫かな。重度の方向オンチなのに…。

    手を伸ばしかけて、やめた。

    「あれってエトワール?」
    「なになに?」
       
    「バレエのすごい子でしょ?えっ、超キレイなんですけど…」
    「かわいー!お人形さんみたい!!」

    (うわっ。)

    みつかってしまった!というか、
    変装してもいつもバレちゃうけれど!

    この個展は一般人向けというより、
    業界関係者向けの招待制だからうっかりしていた!!

    (どうしよう…なんで…)

    うろうろと目線をさまよわせ、奥まって死角になっている、
    関係者以外立ち入り禁止の扉をみつけた。

    (ごめんなさい!ちょっとだけ…!)

    ささ、と小走りに死角へ急ぎ、
    きい、と古びた金属製の扉の奥へ飛び込む。

    「…はあ…っ」

    体力はあるはずだけど、精神力は小鹿なわたしは、息をつく。

    「おにいちゃん…」
    心細いけど、今ひとりでよかった。

    おにいちゃんはわたし以上に好奇の目線に弱い。

    見た目どおりのシャイな性格なのだ。

    それにしても、ここは薄ぐらい。

    (…ん?)

    奥でなにか光っている。青い光がぼうっと…。

    抜き足さし足で近寄ると、一枚の絵が、埃を被るようにして置かれていた。

    そうしてその周りを舞っていたのは、月の光のように輝く青い蝶。

    (うわあ…)

    導かれるように、かけられた布をめくる。

    「…!」

    その瞬間、視界が真っ白になる。

    光がやむ。
    くらくらしながら、目を開いた。

    「え…?」

    次の瞬間、わたしは森の中だった。





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する