--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    13

    『鏡の森のエトワール』~第4話  “トロイメライでダンスを”~

    「お前の世界では男は髪が短いのだろう?
     みろ、お前好みにしてみた」







    そう言って、誇らしげにつんつん頭を引っ張ってみせた魔王。

    腰まであったオニキス色のつるっとした艶のある黒髪が、
    ずいぶん短く切られている。

    確かに、ずいぶん普通っぽい髪形だ。
    これで品のある切れ長の瞳でも赤紫と青紫のオッドアイでもなくて、
    足が長かったり指も長かったり爪が長くもなくて、
    鼻もすっと高くなくて、一見二十代半ばっぽいけど不老不死でもなくて、
    着てるものも高級そうな赤いローブを羽織った黒い着物姿でなければ…、

    …ってそれは無理か。

    (それはもう魔王じゃないや)

    だけど、失敗しちゃったみたいで、ちょっと左右で長さがばらばらだ。

    魔王のことだから、自分でやるといってきかなかったんだろう。
    家来達には秘密で切ってしまったのかも。

    「ううん、長いほうがいい」

    「?!!」

    そうあっさり切りすてて首を振ると、
    目を丸くして口を開いたまま固まる魔王。

    ふふっ、とわたしは笑う。

    (魔王、可愛い。)
    ソファーの上に立って、つんつん頭をなでると、ちくちくしてハリネズミみたいだ。
    痛んでいるわけじゃないけど、たぶんすごくこしがあるのだ。

    そのままなでなでしていると、ぷるぷる震えだした魔王は、

    「もうよい!元に戻すぞ!!」と声を張り上げて魔法を使った。

    するすると髪が伸びて、一瞬で元通りになった。

    ふわりとつややかなオニキス色の長髪が舞う。

    「ふん、これでもう文句はあるまい」

    魔王が偉そうに胸を張る(でもちょっと涙目)

    (…可愛い)

    「な、なんだおまえ…そんなでれっとしおって…そんなに私が格好いいか」
    …一瞬で醒めた。

    「…かっこいいとか、魔王に求めてないから」
    じとっと魔王をみつめると、魔王はがくっと肩を下げた。

    「か…かっこよくない…?
     ばかな…エヴェリーナは、まさか私のことが嫌いなのか…?」

    ひとりごとのようにうなだれ、涙目の魔王に、
    胸がまた、こちょこちょっとくすぐられた。

    「…うそ。かっこいいよ。魔王はかっこいい」

    「ほ、ほんとか…?」

    「うん。時々。稀(まれ)に。百年に一回ぐらいは」

    「おまえな…。いや、待て。百年といったらおまえの寿命では…。
     それでは、エヴェリーナ、おまえは一生、私と一緒にいてくれるのか…?」

    「…そ…、そんなこと言ってない」

    「でも、そうなるのではないのか?」

    「…お…おばあちゃんになったら、別れる」

    「なぜだ」

    「…みられたくないもん。しわとか、しみとか」

    「私は気にしない」

    「魔王はそのままじゃん。不老不死、だし」

    唇をとがらせ、そのまま唇をかむわたしを、
    魔王はひょい、と抱き上げて、くるりと回った。

    「お前は気にしいだな。
     だが私は、しわくちゃなお前もみてみたいと思うぞ。
     腰が曲がったら、さぞかし背が小さくなるだろうな。
     しみができたら、恥ずかしがるだろうな。
     だから私は、そんなお前がみてみたい」

    「ば…ばかじゃない…? ま、魔王の頭はどうかしてるよ!」

    「慌てた姿も可愛いな。いっそうおまえの未来が楽しみになってきたぞ」

    「うるさいっ!!」

    べちっ!!魔王の顔面をたたく。
    魔王は気にせず笑う。

    「ははは…っ」

    魔王なんて、魔王なんて…!







    (…永遠音…)

    ん…?

    なに、まお…

    「永遠音!」

    目を開けると、そこには若葉色の目があった。

    一瞬、誰だかわからず、首をかしげる。

    「…だれ…?」

    「寝ぼけているのか?早く学校に行かないと遅刻するぞ。
     昨日夜遅くまで起きていたのか?
     お義母さんとお義父さんはもう仕事に行ってしまったぞ」

    「おに…ちゃ…?」

    そっか、お兄ちゃんがわたしを起こしてくれたんだ。
    いつの間に寝ていたんだろう。
    まあいいか、早く起きよう。

    お兄ちゃんまで遅刻しないようにさっさと支度しないと…。

    「あれ…?」

    昨日わたし、展覧会に行って、どうしたんだっけ…?

     







    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する