FC2ブログ
    --

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    14

    『鏡の森のエトワール』~第5話 “群青の蝶”~

    魔王は、娘が消えた床をみつめた。

    エヴェリーナ・スワン。
    夜空の一等星のようだった娘。
    重なり合う鏡面の世界、昼の世界と朝顔の世界にある、
    ニホンという国で、
    “君島永遠音(きみじまとわね)”という珍妙な名で暮らしていた、
    美しくも、生意気で、強情で、ゆえにたまらなく愛おしい少女だった。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・


    「おい、グンジョウ」

    「……」

    「グンジョウ、聞いているのか」










    「ぼくはグンジョウじゃないって」

    「グンジョウだろう。お前の髪は群青色だ。夜の手間の空の色だな」

    「瑠璃だから」

    「瑠璃という色ではないぞ。お前はグンジョウ。そう決めたのだ」

    …ふう、とため息をつくグンジョウ…月花(げっか)を横目でみやる。
    その横顔は人形のように整っていて、やせているというより華奢だ。

    銀色の瞳は、月を宿した月光の精のようでもあり、
    実際にさほど間違ってはいない。

    まだたったの十年やそこらしか生きていない、赤子だとしても、
    この生き物はあまりに弱弱しい。

    苛烈な心を宿しているがゆえ、その肉体はさらに壊れやすいだろう。
    壊そうと思えば、一瞬だ。
    魔王が手を加えずとも、付き人もなしに城の外に放てば、
    この美しく珍しい生き物は、殺されるなり捕えられるなりして、
    あっけなく死んでしまうだろう。



    相変わらずそっぽを向いて何か書いている月花に、再び話しかける。

    「それはなんだ?」

    「…別に」

    さっと隠されたが、描かれたそれは、どうやら人間の子のようだった。

    それも、とても美しい娘とみた。

    私は目がいい。
    さらに、感(かん)もいい。

    恐らく、月花は恋をした。
    それであの娘の姿を心の額面(がくめん)に焼き付けようとしているのだ。

    魔王にはわからない。魔王は、恋などしたことがない。
    それは、無駄なものだ。

    花嫁探しなど後継ぎが必要なければしていない。
    子どもが産める身体で、魔王にふさわしい優秀な娘なら誰でもいい。

    そこに恋は不要だ。子さえ産んでくれれば後は用はない。
    情など湧いてしまったら面倒だ。

    女は弱い。
    魔王のような魔力の強すぎる子を産んだら、
    後はどうせ衰弱して死んでゆくだけだ。
    不老不死は、魔王のみの特権。女に与えるまでもない。

    上の空で今も熱心にそれを描き続ける月花のことを考えた。
    けして自分になつかない従僕(じゅうぼく)。

    今やほとんど絶滅した、
    青色月光蝶(あおいろげっこうちょう)の最後の一羽。

    その本来の姿をみたのは一度きり。

    死にかけて倒れながらも、青い蝶達を集めていた、
    あの透明に透き通る身体。
    体内に輝く青い血液。
    土と血に汚れてもなお神聖さを失わぬ群青色の髪。

    いや、にぶく発光するその全身を遠くから眺(なが)めるだけでも十分だ。

    なんと美しい生き物か。
    はじめてみるそれを、思わず食らうことも忘れて魅入った。
    私は決めた。この生き物は私の家来にしよう。

    紅虎や白獅子よりも手厚く扱ってやろう。
    なにせ、世界に一匹しかいない貴重な生き物だ。

    これが私になついたら、さぞ心地よい悦(えつ)に浸れるだろう。

    私はその時、そう思った。

    まさか、この生き物―、
    月花(げっか)が自分になつかないなどと、思いもせず。










    ―回想は永遠のようにも、一瞬のようにも思えた。




    エヴェリーナ・スワン。
    夜空の一等星のようだった娘。

    年のころは五歳から十歳の間。
    かよわく、強く、苛烈(かれつ)で繊細な娘だった。

    魔王は娘に恋をした。

    昔話だ。
    他ならぬ私が、今、過去にしてしまった。

    もう、娘を胸に抱くことはない。



    魔王は、ゆっくりと掌をみつめた。


    ―そこには、いまだ柔らかなぬくもりが残っていた。







    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する