--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    16

    『鏡の森のエトワール』 ~第6話 “トラゲーディエをぶち壊せ”~

    「我はあの小僧のことが嫌いだ」

    よく通るバリトンでそう答える彼は、恐竜なみに巨大な白鳥だ。






    巨大雪白鳥(きょだい・ゆきはくちょう)
    というこの世界にたったひとりしかいない彼は、
    粉雪のようにきらめく羽毛と、
    輝くサファイヤをはめこんだような青い目をした、鏡池の主だ。

    池というより湖にしかみえないこの場所は、
    鏡森の中央にある、神聖な場所らしいと魔王から聞いたことがある。

    ちなみに、彼―わたしはスノゥと呼んでいる―は、
    魔王よりもずっと年上で、彼すらも小僧と呼ぶ。
    実は、ちょっとすごいひと(鳥?)なのかもしれない。


    「そんな事言わないでよ。魔王だって頑張ってるし」

    口をとがらせてそう言うと、
    スノゥはにやりとした(ようにみえた)。

    「…お前は、本人の前ではあれだけ罵っておきながら…。
     もしやあれか。恋い慕う異性に素直になれない……、
     “つん”… 」

    「つん?」

    「…ツンデレラか。
     頭から灰をかぶった払いせに、
     王子を火のついたヒールで踊らせるという古の魔女…」

    「……うん…。なんかそれ、だいぶ違うかな…。
     っていうか、すでに原型留めてないよね…」
    脱力して、やる気なくつっこむ。

    「では、つん…つんつん村の…」

    「カチカチ山の親戚?
     もうスノゥがボケ老人だってことはわかったから、話を聞いてよ」


    「我はまだピチピチだが…。…なんだ。お前の頼みだ。聞いてやろう」

    「魔王ときたら、わたしに帰れって。
     わたしより月花のほうがかわいそうだから、
     家族もいて家もある、幸せなわたしに自分は必要ないって。
     …勝手だよね。わたしは、魔王のことすきなのに。
     月花より、はじめてのひとより、
     ずっとずっと胸がきゅんってなって、
     月花を裏切るわるい女になっちゃうぐらいだったのに」

    「―そうか。お前は、後悔しているんだな」

    「…別にそうじゃないよ。
     魔王をすきなったこと、後悔なんてしてない。だけど、月花は…」

    「お前もあの少年を憐れむのか。がっかりだな。
     てっきり我は、本気ですきだったとばっかり思っていたぞ」

    「…すきだったよ」
    わたしは、囁くように言う。

    「でも、魔王は、わたしの100%だった。
     怒った姿も、笑った顔も。すぐすねるところも、
     バカ正直で、あほあほで、意味わかんないところも。
     ぜんぶぜんぶ、たまらなくて、抱きしめたくなる。
     …抱きしめて欲しいとかじゃなくて。
     ―たぶんわたしは月花に、ただ助けてほしかっただけだったんだ。
     まるでヒーローとか王子さまみたいに。
     だからそれは、憧れで、すきではあっても恋じゃなかったんだと思う。
     だってわたしは、月花の“ほんとう”なんて知ろうとしなかったから」

    「では、魔王のことは、知りたいと思うのだな?」

    「…知りたいよ。魔王のことなら、ぜんぶ」

    「…そうか。ならば、いつまでこうしておる。
     お前は魔王に会いたいのだろ?忘れている場合か?」

    「…え…?」

    「―目覚めよ。お前には、その権利がある…」

    「スノゥ…?待って、話はまだ…」

    スノゥが遠ざかってゆく。
    必死で手をのばすと、目を焼くようなまばゆい光に目がくらんだ。

    ((スノゥ……魔王…っ…))

    …はっ。
    わたしは、唐突に瞳を開けた。

    黒板にぶつかるチョークの音。さらさらとしたシャープペンシルの音。
    そよぎふくらむ白いカーテン。
    いつもの日常。いつもの教室。

    …いや、違う。
    わたしは…。

    「君島くん?いきなりどうし…」

    ばん、と机を打ち、わたしは立ち上がっていた。

    「…早退します!!」

    「…は?でも体調が悪そうには…」

    「―病気なんです!だから、もうここにはいられません!」

    言って、返事を待たずに駆け出す。

    教室のどよめきを尻目(しりめ)に、廊下を駆け抜ける。

    そう。病気だ。たぶん、一生治らない。
    だって恋の病って、きっとそういうものだから!

    校門を飛び出し、人気の少ない道の真ん中で、力いっぱい叫ぶ。

    「―こたえてよ、スノゥ!
     わたしは、わたしには、そこに行く権利がある!」

    ((よかろう…。))

    バリトンが辺りに響き、視界が歪む。
    波を打つように虹色によどめく空間の真ん中、それは現れた。

    ドアのように、切り取られた四角。そこに、思いきって、飛び込む。

    わたしは、魔王に、魔王に会いにゆく!
    たとえうざがられても、追い返されてもかまわない!
    だって、わたしは魔王がすきなんだから!!
    不治(こい)の病にさせられた責任を、
    ぜったいにぜったいに、取ってもらうんだから!







    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    Nicola
    お待ちかねのスノゥが!出ましたね…!
    このやりとりが見たくてエトワールを読み始めたといっても過言ではありません(真顔

    永遠音ちゃんの言葉遣いが好きです。
    ツンデレラですね、ツンデレラ笑

    なんだかこの話が起点で、これからなんか一悶着(というか一騒動というか)がありそうだなーと予感しつつ!
    また続きを読みに来ます(*´ω`*)
    2013.11.07 19:28
    ❁♥REO♥❁
    おお!まさかのじいちゃん人気…!

    ここのじじまご漫才はわたしもお気に入りです*´ω`*(笑)
    じいちゃんしっかりして…!!(笑)

    ツンデレラと猫かぶり王子とアホアホ魔王とボケ老人…
    なかなか濃いメンバーですが、なぜかお話はシリアスまっしぐらです。
    なぜだ…!(ひとに聞くな)

    その通りです!嵐の夜編まであとわずか。
    7~9話は起承転結・承の部分で、永遠音の心境も少しずつ変わっていきます。
    お節介じいちゃん・スノゥも暗躍します(ただしボケない)

    10話「嵐の夜にさよならを」からは後半戦。
    クライマックスに向けてたたみかける、<悲しめる母鳥編>がはじまります!
    お楽しみに!〃v〃ノノ))(これが言いたかっただけ)
    2013.11.08 12:26

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する