--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    16

    『鏡の森のエトワール』  ~作品紹介~

    『鏡の森のエトワール』

    絵本のような美しい世界で紡がれる、
    光と闇、愛と憎、恋と愛、孤独と家族と…親子と恋人、
    そして、“人生”の物語。




    ―「やだ…っ! 離れたくない…
                もうひとりぼっちは嫌だ…!」―

                 ―「ふん、これでもう文句はあるまい」―

     ―「…うそ。かっこいいよ。魔王はかっこいい」―
     ―「瑠璃という色ではないぞ。お前はグンジョウ。そう決めたのだ」―       


            ―「でも、もう遅いよ」―
        
      ―「エトワール、私はお前に嘘をついていた」―      
                        

    ―『お前はわたしの子ではないよ。
                   だってお前のほうが美しいもの』―

     
    ―「おんなじだよ。―かあさまとぼくは、おなじだよ」―                                  

                 ―こんな醜い化け物ではなくてね、―                        
                                 

     ―「そう、気づけばもうとっくに…、
              おまえたちは、世界にたったふたつしかない、
                             私の宝になっていたのだ」―
                                 
                        
    ―なぜあのとき、最期のあのときだけでいい。
           おまえはわたしの自慢の息子(こ)なのだと、
                         言ってやらなかったのかと…―



       
    ―(古典的! 旧世代的! ぺきん原人!!古代遺跡のオーパーツなみ!!)                                 
                    ―「我はまだピチピチだが…」―

     ―『ぼくは神様を信じないよ』―
                   ―わたくしは、この子の母親になる。―

                   
            
         ―『じゃあ、どんなものがたり?』―



    “もう、わたしは…永遠音は、すきって気持ちをなくしたりしない。
       “―灯しつづけるよ、パパとママからもらった、このしんぞうに”

           

        “ “愛”っていう、ひかりのまほうを。 ”


    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する