--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    19

    『鏡の森のエトワール』~第7話 “ロストシンフォニーの奪還”~

    どこをすきになったんだろう、なんて考えたことはなかった。


    お兄ちゃんと行った展覧会。
    そこに隠されていた一枚の絵。
    ―導くようにまたたいていた青色の蝶。

    それがすべてのはじまりだった。
    絵に触れた瞬間、わたしは違う世界に迷いこんでいた。

    それは計算された出会いで、今考えるととてもずるい。

    でも、問題はそこじゃない。
    そこに現れた、そのひとをみて、わたしの時は止まった。

    オニキス色の艶(つや)やかな長い髪も、陶磁器みたいな肌も、
    長い手足も、指も、すっとした鼻も、どこもかしこもきれいだった。

    でも、そんなことはどうでもよかった。
    切れ長のかたちをした、赤紫と青紫の宝石のようなオッドアイ。
    わたしの心はあっという間に奪われた。
    一目ぼれとは違う。
    魂ごと、その魔性の瞳に、わたしのすべてが奪われたんだ。

    それから、魔王はわたしを食べようとして、
    わたしの超過交響曲<オーバーシンフォニー>が、
    魔王を襲い、その半身をもいだ。

    それが、運命の瞬間だったと、今ならはっきりとわかる。

    自らの子を宿せば死んでしまう花嫁を選ぶことを、
    恋をすること、愛することを恐れ、なにもかも諦めた魔王は、
    すさまじい能力を持った異世界の娘…わたしに、恋をした。

    後はもう、あっというまだった。
    あんなに美形なのに、中身はあほあほで、にぶちんで、ド天然で。
    正直で、単純で、子犬みたいで、子どもみたいな魔王に。
    可愛くて、だめだめで仕方ない魔王に…わたしは、恋をした。

    まるで、そうなることが決まっていたように。

    魔王は、わたしの100%だった。

    そして、わたしは、月花に対する気持ちが、恋じゃなく、
    憧れと期待でできた、にせものだったことを知った。

    わたしがすきなのは月花じゃなく、わたしに優しくしてくれる、
    わたしを助けてくれる、ヒーローで、王子さまで、
    だから、ほんとうの月花をわたしは知ろうともしなかったんだって。

    わたしの初恋は、初恋のかたちをした恋愛ごっこは、そこで終わった。

    そして今、わたしは魔王の住む写しみの世界に向かっている。

    落とし穴に落ちるように、虹色の空間をすべり落ちてゆく。
    一向に着かないことに焦りながら、わたしは目をこらす。

    (魔王、魔王、魔王…! )
    潤(うる)んだ瞳をぬぐいながらも、
    どこまでも、どこまでも落ちてゆく。

    わたしは、許さない。わたしより月花を選んだことじゃない。
    わたしが怒っているのは、そこじゃない。

    わたしのしあわせを勝手に決めつけて、
    出会ったあの時、わたしの名前ごと昼の世界の記憶を奪ったように、
    わたしから魔王の思い出を奪って、昼の世界に追い返したこと。

    ぜったいに許さない。だから、魔王を殴りにいく。
    そして、今度こそ伝える!

    わたしは、魔王がすきだって。
    すきですきでしょうがないから、責任とってって。
    ぜったいにぜったいに、言ってやるんだ!!



    ―そしてわたしは、「そこ」にたどり着いた。





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif


    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する