--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    20

    『鏡の森のエトワール』~第8話 “ノクターンにキスを” ~

    たどり着いたそこは、魔王の寝室だった。

    すう、すう、と規則正しい音が聞こえる。

    長い睫毛は伏せられていて、
    その目尻には涙の痕(あと)があった。
    苦しげに、眉が潜(ひそ)められていた。
     



     





    (魔王、泣いちゃったんだ…)

    あれだけむかついていたのに、
    なんだか怒る気をなくして、その頬をなぜた。

    (…大人なのに、へんなの)

    きっと魔王のことだ、ひとりで泣いたんだろう。
    鏡森の主は、冷血にして鉄血。
    そうでなければ、魔物共になめられてしまう。

    スノゥは言っていた。
    魔王はたった200才…容姿にして15才で跡をついだ。
    父は高齢で、母は魔王を産んですぐ死んだ。

    魔王のような強い魔力を持った子を産めば、
    母親のエナジーは子にそそがれ、
    あっという間に生命を脅かすほどに枯れてしまうと言う。

    だから魔王は、ずっと花嫁を探したがらなかった。

    恋や愛を、意図的に避けていた。

    そんな魔王は、ある日、一匹の、
    …あるいはひとりの―月光蝶に出会う。

    死にかけていたその生き物には、
    両親はなく、育ての親はすでに殺されてしまっていた。
    この世に、たったひとりぼっちだった。

    その時魔王がどう思ったかは魔王にしかわからない。
    でも、魔王はその少年―月花を、いつも傍(かたわ)らに置いたという。
    月花も、口ではつっけんどんにしながらも、いつも魔王のそばにいた。

    それは、魔王がひとりぼっちではなくなった瞬間だった。

    魔王は、生意気で口の悪い、月花を愛した。
    兄のように、父のように、慈しんだ。

    だから、月花がわたしに恋をして、
    魔王のもとには帰らないと言ったとき、
    魔王は、少なくないショックを受けただろう。

    “もうどこへなりとも行ってしまえ、おまえなぞこの私には必要ない”

    そんな、感情に走った大人げない言葉を発するほどに。

    わたしは、魔王の頬に、そっとキスをした。

    そうだよね。
    悪いのはわたしだ。
    魔王と月花を引き裂いたのはわたし。

    なら、わたしのすべきことは…。

    わたしは、ひそやかにまじなう。

    「“ショートカット”」

    わたしは月花に、会いに行く。





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する