--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    28

    『鏡の森のエトワール』~第14話 “フィナーレには早すぎる”~

    洞窟の外は、ごうごうと吹き荒れていた。

    心のなかにまで、その嵐は這入(はい)ってくる。
    胸をかきみだし、乱暴に踏み鳴らし、
    魂と躰(からだ)をばらばらに引き裂くように暴れ狂う。




    (―あのまま殺してくれればよかったのに)

    もし、そうしてくれていれば―。
    こんなに、こんなにも…、惨(みじ)めさを感じることはなかった。

    再び、胸をかきむしる。

    「……痛い」




    どこもかしこも、痛すぎる。

    痛くて、痛くて、心臓ごとひしゃげてしまいそうだ。

    (そうだったらいいのに)

    このまま、静かに死んでしまえれば。

    なのに、脳裏にちらついたのは、永遠音の…エトの笑顔だった。

    冬のように凍えた、その表情が溶け出す、その瞬間。
    一足早い春のにおいのする、
    少しぎこちない、でもしあわせそうな微笑み。

    世界でたった一輪の、エーデルワイスだと、
    浮かれた詩人みたいな、バカげたことを本気で思っていた。

    いや、今でも、少しも違わない。

    あの笑顔に、まばゆいばかりのその存在のためなら、
    世界のすべてを、捨ててしまってもいいと思えた。

    それなのに、今この右手には、魔王の右目がある。
    今すぐ手放さなければ、右手は呪いで腐り落ち、
    いずれ全身に毒が回り、死んでしまう。

    わかってる。
    わかっている。
    なのに。

    (―死にたくない)

    (―捨てたくない)

    (…笑顔がみたい)

    すべて、すべて、捨てたくない。

    この想いも、命も、魔王の瞳も、希望も。

    すべて、すべて、ぼくのものだ。

    せめて、最期のこの時だけは、
    このちっぽけな、世界のすべてを抱こう。

    それが、“夜宮月花<ぼく>”の、人生だ。

    目がかすむ。
    意識が曖昧(あいまい)になってゆく。

    さよならなんて、いわない。

    惨(みじ)めな人生だった。
    酷い三文芝居だった。
    ―なのに、どうしてだろう。

    今この掌(てのひら)にある、こうして今も死に導こうとする、
    呪われた眼球(それ)を、みつめると、
    なんだか泣いてしまいそうになる。

    悲しくて、ではなく。
    …うまく言えないけれど。

    失うばかりだった人生のなかで、最後にこれだけは、手に入った。

    これだけは、ぼくを裏切らない。

    誰が裏切っても、どんなに運命に呪われても。
    ―これだけはぜったいに、ぼくだけのものだ。

    あるいは、これだけが、ぼくのこれまで演じた、
    お粗末(そまつ)な人生の代金なのかもしれない。

    そっと、それに頬ずりする。


    ( ああ、そうか…。)


    ( 本当に惨めで酷かったけれど、不幸では、なかったな。 )

    しあわせな、人生だった。
    絶望のなかに、光があった。

    ―死んでいったお母さんを思う。
      ―自分を裏切った永遠音を思う。
         …そして、世界で一番大嫌いな、魔王を思う。

    その傲慢(ごうまん)さが、自分勝手で中途半端な優しさが、
    いつだって憎たらしくて、たまらなかった。

    いつだって、期待してしまう自分が、さらに嫌いだった。

    お母さんを死なせて、のうのうと生きようとするぼくを、
    その最低な根性を、知っているくせに、
    なんだそんなことか、という風に、
    かまわず許し、愛そうとする、魔王はもっと嫌いだった。

    そう、ぼくは、裏切られたわけじゃない。
    くだらない意地で、すべてを台無しにしたのは、
    ぼく自身だったんだ。

    いつだって、向き合ってくれた。
    だからこんなにも、願うことができた。

    “こんな自分でも、愛されていいかもしれない”
    “愛しても、いいのかもしれない” 

    臆病(おくびょう)な自分は、
    なにひとつうまくできなかったけれど。

    それでもいい、と彼らは歌ってくれていた。

    嵐のなかの、灯し火のような、
    子守歌<ヴィーゲンリート>を、そっとわけてくれた。

    そう―。
    気づけばこんなにも、ぼくの殻の外には、光と、愛があったのだ。

    そうしてまた光は消え、絶望に飲み込まれてゆく。

    それでも、ぼくは生きた。最後まで、抗った。

    運命に。悲劇に。


    そして、すべてが0になる。

    …おしまいだ。


    (―ありがとう…)





    「―月花!!」









    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手等していただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif

    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する