--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    29

    『鏡の森のエトワール』~第15話 “ほの暗い洞窟(やみ)のなかで”~



    魔王の寝室で、わたしは目を覚ました。

    夢じゃない。
    わかってる。
    だから、わたしは静かに床に降り立つ。

    前回はただの本能ゆえだった。
    けれど今、その理屈が、理(ことわり)が、はっきりとわかる。

    超過交響曲<オーバーシンフォニア>。
    わたしに唯一使える、最高の盾にして最強の矛。
    この力で攻撃するなら、相手の力を反射するほかない。
    だけど、攻撃でも、反撃でないなら…?

    わたしは、力の波を展開する。

    「“オーバーシンフォニック”」






    それは、太古より貫かれた、祈りの祝詞(のりと。)
    世界を織(お)りし、ワールド・インターフェイスに贈る起動の合図。

    (薄く―遠く―。…どこまでも、伸びやかに)

    バレエを踊るように、足を組む。

    くるり、と回転し、ゆっくりと舞う。

    これは、もう姫巫女(ひめみこ)の舞だ。
    そう、わたしは規定(きてい)する。

    “―カチッ。”

    その音が聞こえた。半径57キロ13メートルと12センチ。

    そこに、それはある。

    わたしは翔(かけ)る。走る必要はない。

    ただ、時空を飛び越えればいいだけだ。

    「―“ショートカット”」

    ジャンプする。
    広げた手は90度をキープ。足は白鳥のように、華麗に滑らせる。

    目を開ければ、そこはもう、寂(さび)れた洞窟だった。

    霜(しも)がはりつき、やせ細ったつららが垂れ下がっている。

    ほの暗い闇。
    その奥に、ぼんやりと光るおおきなものがひとつ、
    小さくちらつく光が五つ。

    「―月花!!」

    「……エト」

    彼は、うずくまっていた。

    身体が傷だらけだ。青い血液が流れだし、血の池をつくっていた。
    五匹の蝶が、気遣(きづか)わしげに周囲をふらふらしていた。

    「―なんで…」

    怪我(けが)がぜんぜん癒えていない。
    それどころかひどくなっていた。

    青色月光蝶は戦闘能力にとぼしく弱いが、
    微弱な治癒能力があるため、
    逃げおおせることさえできたならそうそう死なないのだという、
    魔王の言葉は、嘘じゃないはず…。

    魔王の瞳は、月花を護(まも)らなかった…?

    「…きみこそ、なんで?」

    伺(うかが)うように、月花は言う。
    眉は寄っていて、苦痛にたえるような表情は、
    きっと、痛みだけじゃない。

    そっと近寄ると、びくりと月花の肩がゆれる。

    「…今さら、ぼくを探しにきたんだ…。…でも…もう遅いよ」

    月花はゆっくりと腕をあげる。

    ペンダント。
    なかにひかっている赤紫の石のようなものは…魔王の瞳だ。

    そして、それを掴(つかむ)む月花の腕は、腐っていた。

    「なんで…」

    「青色月光蝶(あおいろげっこうちょう)はもう世界にぼく一匹。
     売れば高くつくし…持てば自慢になる。
     …体内から発光する身体も…無駄に整った外っ面も…、
     鑑賞用にはもってこいだ」

    「―そうじゃなくて…っ」

    「―魔王は…きっと魔力のかたまりの、この瞳さえあれば…
     どんな敵も撃退できるとふんだんだろうけど…ツメがあまいよ。
     …これは、ぼくにはあまりに、強すぎる力だ…。
     凄まじい魔力を解放するごとに…
     ぼくの身体には毒のような―力の反動が返ってきた。
     …もちろん、返ってくる力はほんの一部で…、
     発揮された猛威(もうい)に比べれば…、
    ずいぶんと、ましなものだけど…」

    息もたえだえに、月花は言った。
    苦しそうにしながらも、一生懸命説明しようとしてくれている。
    でも、そのことが、胸を打つほどに不安にさせる。
    月花は、死のうとしている…?
    だとしたら、それはわたしのせいだ。
    わたしが、魔王を選んだから、月花は…。

    「―そんな…っ」

    (―そんな現実、あんまりだ…っっ!! )

    叫びたい気持ちをこらえる。
    これが、わたしの選んだ、フィナーレ?
    こんな…こんなことが、わたしの望んだことだったの…っ?

    「…そんなもこんなもないよ。これが現実だ」

    「な…治せば…っ―わたし、なんとかする!」

    「……きみに、何ができるの…。…もう、ほっておいてよ…。
     これ以上きみといると…ずたずたに、傷つけて…しまいたくなる…」

    「…っ…。魔王の瞳が原因なら、これ以上月花が持っていたらだめ。
     治せなくても、食い止めることはできる」

    「―やだよ」

    月花は、ペンダントを握りしめた。
    ぐずぐずになった手が、ぼろりと肉片をこぼした。

    「…これは、ぼくのものだ」

    その言葉には、言葉以上の意味があるように聞こえた。

    「…もう、手遅れなの…っ?」

    「…きみと魔王が仲良くしてる場に、帰れって…?
     …もう…これ以上…みじめな思いはごめんだ…」

    「―魔王は…っ!」

    いいかけて、口をつぐんだ。
    魔王がどんなに月花を大切に思っていたか。
    そんなのはなんの救いにもならない。
    だって魔王は月花からわたしを奪ったけど、
    わたしだって、月花から魔王を奪ったんだ。

    「お母さんは…マルガリータさんは…」
    「マルガリータ…?」

    月花は、ほんの少し目を見開いた。


    「わたしはマルガリータさんから、
     月花のお母さんから、伝言を預かってきた…!」

    「…うそ……」

    「―うそじゃない。
     お母さんは、月花に黙っていたことがあった」

    (落ち着け…!)
    焦る気持ちを押さえて、テキパキと口早に言う。

    「…黙っていたこと…?」

    「―うん。それを今からみせる、だから」

    (―だから、死なないで…!)

    そう言いかけて、ぐっと、こらえる。

    そんな身勝手なことを、言うべきじゃない。
    今、わたしのするべきことは…!

    わたしは、手鏡を上へ投げた。

    “真実をうつす鏡よ。 過去をまじなえ―!”

    きらりと輝いたそれは、
    まっさらな光の奔流(ほんりゅう)と共に、わたしと月花を包んだ―。





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手・コメントなどしていただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif



    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する