--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    30

    『鏡の森のエトワール』 ~第16話 “亡き母のためのアリア”~


    “真実をうつす鏡よ。 過去をまじなえ―!”



    きらりと輝いたそれは、
    まっさらな光の奔流(ほんりゅう)と共に、わたしと月花を包んだ―。









    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





    『―マルガリータ。おまえはなぜ、一族を継がない』

    『お父さま。 わたくしは、今期を逃した枯れた女。
     …期待しても無駄ですわ』

    『しかし、おまえには、この世界のすべてを見通す目がある。
     子を産まずとも、我ら真珠烏達を率いることはできるはず』
     
    『…わたくしに、烏達を導く才はありません』

    『まだ気にしているのか。
     おまえのピジョン・ブラッドの血は、魔王さまに選ばれたもの。
     ―おまえは特別なのだ。それくらい、造作もないだろう』

    『…お話は終わりです。わたくしには、ただ魔族を監視し、
     我らに近づけないだけの今の仕事がお似合いですわ』

    『またそんなことを…待て! 話はまだ…!』


    わたくしは、構わずとびさった。

    どんよりとした空の間を飛翔し、
    誰もいないことを確認して、そっとそこに飛び降りる。

    大樹の根本に凛とたたずむ、聖なる花の蕾(つぼみ)。

    月下美人。

    鏡森の偏狭(へんきょう)に存在する、
    創世(そうせい)の大木のもとに出でし、妙(たえ)なる花。

    魔族が嫌う聖なる光も、
    わたくしのピジョン・ブラッドには心地よい。

    魔王、影覇(カゲハ)さまは、
    魔獣達を率い、魔族たちを従わせる若き王だ。

    その血は魔でありながら聖。

    赤紫と青紫の目は、相反するふたつの力の証。

    彼が生まれる前、
    わたくしはまだ城に仕える、単なる真珠烏の一羽でしかなかった。

    だが、生まれ落ちた彼は、わたくしをみて笑った。

    その瞬間、わたくしの人生ならぬ一生は変わった。

    わたくしはこの聖なる御子の乳母に任命された。
    いや、最初の命では、ただのお世話役のひとりだった。

    それが、わたくしを目にするときゃっきゃと笑うので、
    半(なか)ば自動的にそうなった。

    わたくしは、どうやら、
    偶然に魔王と近しい血の色をしていたのだと、後にわかった。

    この現しみの世界では、たびたび女神の恩寵(おんちょう)が降る。
    魔王が聖と邪を宿したように、
    わたくしの身にも、小さな奇跡が起こったのだ。

    まるで素晴らしい運命のように思えたが、
    それは必ずしもよい知らせとは言えなかった。

    一族の長の娘とはいえ、
    幻惑ぐらいが能の真珠烏であるにも関わらず、
    魔王に選ばれたわたくしは、
    妬み僻み(ねたみひがみ)には格好の標的だった。

    百年たち、魔王が赤子でなくなると、
    わたくしは乳母を解雇された。

    その時には、わたくしの婚期は飛び去っていた。

    この世界のすべてを見通す目を褒美に、
    森に帰ったわたくしは、一族の長になることを求められた。

    父は喜んだが、周囲の目は冷たかった。
    つまりはよくあるシンデレラストーリーの裏話だった。

    わたくしは、魔族を監視する役目を引き受けながらも、
    自分が長にふさわしくないことを充分すぎるほど自覚していた。



    気晴らしというより現実逃避に、わたくしは、
    森のすみにある月下美人と語らった。

    もちろん、いくら聖なる花の蕾(つぼみ)とはいえ、
    しゃべるはずもない。
    だが、疎外感を感じていたわたくしには、
    ちょうどいい友人だった。

    ある日―そう、満月が美しい夜だった。
    その花の脇(わき)に、なにかが落ちているのをみつけた。
    近くまで羽ばたくと、それは人の子のようだった。

    瑠璃色の髪が、白い粘膜(ねんまく)に包まれ、
    その皮膚は透き通るようだった。

    いぶかしがりながら、地面に降り、それをみつめる。

    2、3才の幼子のようなそれは、ぴくりと震えた。

    その瞬間、体内から青い光が発せられ、
    文字通り透き通った肌の奥に輝くのは、なんと青色の血液だった。

    わたくしは震えた。
    なんと美しい生き物だろう。

    わたくしは今さらながら思いだした。
    百年に一度、月下美人のもとに生まれる子のことを。

    そう、それは、いまや絶滅した聖なる蝶…
    <青色月光蝶(あおいろ・げっこうちょう)>が復活した瞬間だった。

    わたくしは、震える羽でそれに触れた。
    ぬるりとした粘膜(ねんまく)がはがれ、
    触れたその向こうの肌は信じられないほど柔らかく、
    ふくよかな哺乳類(ほにゅうるい)の感触だった。

    その瞬間なにを考えたのかはよく覚えていない。

    だけど、ひとつだけ、決めたことがあった。

    ―わたくしは、この子の母親になる。

    それは、運命になすがまま翻弄(ほんろう)されてきたわたくしが、
    はじめて自らの羽(て)で選びとった生だった。

    それから、たくさんの事があった。
    青色月光蝶の最後の一匹であるその子、月花を守るために、
    わたくしは、同胞(どうほう)である烏達の森を後にし、
    ひっそりとその生をとげた。

    『月花は、素直で可愛らしく、まっすぐな子だった。
     だからあの子がもしどこかで歪んでしまったのなら、
     それは、あのこにいいこであることを強要しつつ、
     自分は無残に殺されてしまったせいなのだと思うわ。
     
     わたしは、最後まで、わたしとあなたは違う、と言い聞かせた。
     
     でもそれはわたしのくだらないコンプレックスのせい。 
     母親であるなら、おまえとわたしは同じなのよ、
     と言ってやらなければならなかった。
     …わたしはいまそれを後悔しているわ。
     
     ―なぜあのとき、最期のあのときだけでいい。
     おまえはわたしの自慢の息子(こ)なのだと、
     言ってやらなかったのかと…。
     きっとあのこは、今でもわたしを恨んでいるでしょうね。
     わたしはあのこを、いちばん残酷なかたちで、
     裏切ってしまったのだから―』

    「……」

    わたしは、マルガリータさんの、
    そのあまりに切実な告白を、静かに聞いた。

    そして、口を開いた。

    「…ほんとうに、そうでしょうか。
     月花は、お母さんのことを、憎んでいる?
     そうかな。確かに、月花はややこしい。
     すごく素直かと思えば、憎まれ口を言ったりする。
     
     でも、ほんとうにマルガリータさんのことを嫌いになったかは、
     月花にしかわからない。
     
     月花は、わたしに、たくさん優しくしてくれた。
     欲しい言葉をくれた。
     それは、ほんとうは月花が欲しかった言葉だったと思う。
     だって、わたしと月花は、鏡みたいによく似ていたから。
     
     そして、わたしは思いました。
     月花がそんな風に優しくできたのは、 
     マルガリータさん、あなたの真似をしたからじゃないですか?
     
     種のないひとは、優しくできない。
     愛のないひとは、愛をあげられない。
     それは、わたしのお兄ちゃんが、お姉ちゃんに言った言葉です。
     
     わたしは思います。
     月花は、あなたがたくさん愛してくれたから、
     ひとにやさしくすることを知った」

    「……」
    マルガリータさんは、考え込むように黙る。


    「…でも、それも、単なるわたしの想像。
     だから、マルガリータさん、あなたは、知るべきだと思います。
     月花の―ほんとうの気持ちを…」
     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    時は現実へと巻き戻る。
    今、月花にみせたのは、わたしとマルガリータさんの会話と、
    マルガリータさんの隠していた、真実のものがたりだった。


    空中に消えたままだった手鏡が、ふわりと姿を現す。
    わたしは念じる。
    わたしは姫巫女(ひめみこ)。みえないものの言葉を伝える存在。
    ならば、わたしにできることは…。

     
    “この声よ、冥の国(めいのくに)をさすらえ…!
       仮初(かりそ)めの肉体と共に、ここに出でよ、
         悲しめる真珠烏(ははどり)、マルガリータ…!”


    一秒がすぎ、二秒がすぎた。
    なにも現れない。

    どうしよう。もしかしてわたし、失敗した…?

    月花をうかがう。
    月花は、虚空(こくう)をみつめて、言った。

    「…ばかじゃない」

    やっぱり、だめだったんだ…。
    わたしは、肩を落とした。

    (ごめんなさい、マルガリータさん…、
     わたし、勘違いしてた。
     姫巫女とか言われて、じぶんは特別だって、舞い上がってた…)



    …だから、次に続いた月花の言葉に、わたしは驚いた。


    「―隠れてないででてきてよ、お母さん」


    「え…?」



         (( ―月花……。 ))



    その時聞こえたのは、確かにあの声…月花のお母さん、
    マルガリータさんの声だった―。 





    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手・コメントなどしていただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif









    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する