--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    31

    『鏡の森のエトワール』~第17話 “レクイエムなんか許さない”~

    「―隠れてないででてきてよ、お母さん」


    「え…?」


    (( ―月花(げっか)……。 ))







    姿はみえない。
    ただあの優しい声のみが、虚空(こくう)に響いていた。

    「…どうして? 姿をみせてよ、お母さん…」
    月花が、絶望したように言う。
    あれだけ挑戦的だった月花の声は、動揺したようにかすれていた。
    瞳には、涙がたまっていた。

    月花のあふれそうな辛さが伝わってきて、
    ぐっとこぶしに力をこめる。

    ―わかってる。
    月花には、もうわずかな命しか残っていない。

    だって、月花の声は、もうごまかしきれないほど、かすれている。
    時々ひゅうひゅうとなるその喉だけじゃない。
    全身からは今も血が流れだしているし、
    魔王の瞳を持つ腕は変色し、このままでは、崩れてしまう。

    もう、時間がない。

    「―お母さん…っ!」
    わたしは、叫んだ。

    「―あなたは、最期まで、いいお母さんでありたいんですか?
    そんな…くだらない意地で、月花の最期を台無しにするの?!
    月花は、もう死んじゃう、死んじゃうんだよ!?
    死んだら一緒だって、思ってる?
    そんな身勝手な気持ちで、月花の一生を、決めるんだ…!?

     ―あなたはなんで、わたしにあんなことを頼んだの―!
    月花を頼むって…“家族になって”って…!
     ―違うよね、マルガリータさん…っ、
     あなたの望みは、こんな結末じゃない! 
     …だから月花を…っっ」



      “助けてあげて…!”


    その瞬間、世界が、輝いた。
    その中心が、光のみなもとがわたしだって、
    後から気づいたけど、そんなことは、どうでもよかった。



    『―“レリーフ!!”』



    わたしの叫びが、流星となって、虚空(こくう)を走った。

    その瞬間、なにもないところから、それが、あらわれた。

    血にまみれた真珠色の翼。
    ひしゃげた少し小ぶりのくちばし。
    とろりとこぼれ落ちそうに腐ったビジョン・ブラッドの瞳。

    それは、月花のお母さん、マルガリータさんの隠していた姿だった。

    「―かあ…さっ…」

    月花の声が、つまる。


    『…月花…』


    時が、止まる音がした。

    月花が、駆け出す。すべての力を振り絞るように。


    「…―かあさん……っっ!」


    そうして、抱きついた。

    マルガリータさんの腐ったような血液や、
    肉片が付着するのにもかまわずに。

    でも、そんなに恐ろしい情景なのに、
    わたしの目は熱くなって、ぼろぼろと水滴(すいてき)を落とした。

    「―かあさん…っかあさん…っっ…。―おかあさん…っっ!」


    ―なんて、きれいなんだろう…。

    雪が降っていた。
    それは、まるで、聖なる夜のようだった。

    泣きじゃくる月花と共鳴するように、
    はらりはらりと、無垢(むく)な白が舞う。


    “世界に呪われ、裏切られた少年は、
             この時、はじめて自らの生を祝った…”


    スノゥ…ううん、<イドール>がこの場にいたら、
    きっとそう言っただろう。
    すべてを映し、見守る鏡池の主は、
    きっと、最初からこの結末を知っていたんだ。

    ふたりの間には、もう言葉はいらなかった。
    ―そう、どんな謝罪も、許しも、なにもかも、余計なものだった。

    (―ただ会うだけで、よかったんだ)

    ふたりの絆は、最初から、壊れたりなんかしていなかった。
    最初から、完全で、完璧で、十全だった。

    (血の繋がりなんていらないぐらいの…、
             “ほんとうの家族”、だったんだ―。)

    やがてそれは、奇跡なんかじゃなく、
    当然の出来事だったんだと、わたしは悟った。

    ただあるべきかたちに、収束しただけなんだって。

    この世に神様がいたなら、なんで月花ばっかりに意地悪するのって、
    クレームをつけてやろうと思ってた。

    でも、そうじゃない、そうじゃないんだ。
    神様は、月花をいじめたかったんじゃなく…。

    ―ああ、とわたしは思った。
    この世で一番、月花がしあわせだ。

    今だけは、間違いなく、そうだ。

    これからまた辛いことが訪れるかもしれない。
    たくさん、泣くかもしれない。
    もう、ここでおしまいかもしれない。

    それでも今は、今だけは…月花が、この世界の主人公だ。

    運命に呪われた少年? ―世界に裏切られた子?

    ―違うよ。月花こそ、最高のヒーローだ。
    世界でたったひとりの、“愛されし子”だ―。



    ―次の瞬間、わたしは目を疑った。

    「え…っ?」

    お母さんがゆっくりと空中に消えていくのだ。

    「―なんで…っ?!」

    わたしは思わず叫んだ。

    「…マルガリータさん! 月花がひとりになっちゃうよ!
    月花を、置いてゆくの?! ―最期まで、いてあげてよ…っ!」

    なんで、なんでいなくちゃうの…っ?!


    (( …エッティ…月花…… ))


    「…マルガリータさん……っ!!」

    「―、…う……」

    「―月花!?」

    月花が、倒れる。
    ぜいぜいと肩で呼吸をしている。
    脂汗が止まらない。
    いや、それよりも…っ―血が、血が止まらない!

    (月花をつなぎとめていた、月光蝶の治癒能力が、
     とうとう限界に達したんだ…!)

    「―ッ、こんなの……っ!」

    こんなの、あんまりだ!!
    やっと、やっと月花は幸せになれたのに。
    やっと、願いが届いたのに。
    誰か…っ。


    「―ま…っ」


      (( “魔王ーーー!!”  ))



    全身で、吠える。
    もう、なにがどうなってもいい!
    だから、月花を―助けて…っっ!!


                   「―グンジョウ」

    わたしは、振り返った。
    涙でにじむ視界に、映ったのは…。







    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手・コメントなどしていただけると、
    とっても励みになります!




    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する