--

    スポンサーサイト

    スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    21

    『夏芽楽団交響曲』 <恋情編> ~最終楽章“祝福”~


    お付き合いをはじめて、一週間。

    夏のにおいが雨に混ざって、
    浮き立つように待ち遠しくなる6月の半ば。

    わたしたちはいわゆるデートとして、
    はじめての週末を水族館で過ごした。

    特別なことはなくて。でも特別で。極上で。上々な、1日だった。

    夕暮れの空が、桃色と橙色、空色のグラデーションをしていた。

    綺麗だなあ…。
    繋いだ手から伝わる唯音の体温が心地よい。

    しばらく続いた無言は、甘くて物さびしい味をしていた。



    「ここでお別れだな」

    「―うん」








    繋いだ手、離したくないな。
    でも、唯音は忙しいんだ。
    わたしみたいな普通の女の子じゃなくて、
    ヴァイオリンのコンサートや作曲もしてるし。
    ほんとは、こうして会えるのだって貴重なんだ。

    次、学校以外ではいつ会えるのかなあ…。

    わたしは、唯音の顔をみあげる。


    よし。じゃあね、って言おう。

    とびきりの笑顔で、じゃあね!って…。

    「…唯音…」

    笑顔で言おうと思ったのに、目は少し潤んでしまった。

    無意識に裾をつかんでいたことに気づき、頬を染めて離す。

    ぎゅっと目をつぶった。

    …やっぱり。

    (もうちょっと一緒にいたいよ…!)


    「…ッ!」

    唯音が息をのんだ気配がして、そっと目を開ける。

    唯音の頬はさくらんぼみたいな色をしていた。

    そのまま、手を取られる。


    ぐっと引き寄せた、唯音の細い指が、震えている。
    眉を寄せて、目を閉じる。そのまぶたも震えている。
    そして、唯音の顔が、唇が近づく。

    あと10センチ。あと5センチ。4センチ。3、2…1。

    柔らかくて熱い唇が、わたしのまぶたに触れた。

    そして、ちゅ…っ、と音を立てて、再び離れる。

    わたしはしびれるような頭で、ずっとそれをみていた。

    唯音が目を開ける。
    そして、はあ…はあ、と息をして、自分の唇を拳で軽くこすった。

    「…いや、拭っちゃったらキスした意味ないんじゃないかな…?」

    「…っ! うるさい。君が可愛いから悪い」
    いや、話通じてないよね?
    それに、今の唯音のほうが百倍可愛いんですけど…!
    照れてあさってをみつめ、耳まで真っ赤にする唯音に、
    わたしはもうたまらなくなって、暴れだしたい気持ちを抑えながら、
    唯音にキス返しをすべく、一歩つめた。

    「…あっ…」

    もつれるように一歩ひかれた。

    「…唯音?」

    「…だっ、だっだめだ。―キスはぼくから!
     君は黙ってキスされていればいいんだ!」

    ―いや。すごく頑張ってくれたのは伝わってくるけど、
    まぶただよ? そもそも、口じゃないんだよ?

    (―足りないよ!)

    わたしは唯音にぶつかるように抱きつくと、
    その頬にキスを降らせた。


    「唯音唯音、ゆいねー!」

    「うわわ、やめろ! 恥じらいをしれー!」

    キャラ崩壊する唯音の頬をたっぷりと堪能すると、
    倒れこんでしまった唯音の胸にとすん!と頬をのせた。

    とくん、とくん…唯音の音がする。


    どうしよう。今わたし、すごくしあわせだ。

    唯音に出会えて、ほんとうによかった…。

    わたしたちは、ちょっと変わったカップルかもしれない。
    唯音は女の子みたいな容姿だし、
    ほんとはISって言って、
    遺伝子も体も、男の子でも女の子でもない。

    周りからだって、女の子同士でなにやってるんだろう、
    と誤解されて冷たい目でみられるかもしれない。

    でも、そんなことより、こんな可愛い唯音を独占できる、
    それが嬉しくって、泣きそうになる。

    我慢できないくらい、
    わたしは唯音に魅惑されて、魅了されているんだ。

    唯音、唯音、だいすき。

    わたしのちょっと変わった彼氏さん。

    わたしは君がだいすきです。

    もう、軽く死んじゃうくらいに…!


    夕焼けの空の下、わたしは唯音と、恋をする。
    もう一度。何度だって、恋をする。
    出会うたびに惚れ直して、何度忘れたって、思い出すよ。

    おぼろげに、記憶の片隅から、懐かしいメロディーがもれだした。
    つたないヴァイオリンが描く、
    甘くて儚い、あたたかくて包むような、
    求めていて、彷徨(さまよ)うような音楽のまんなかに。
    若葉色の目をした…その子は立っていた。

    そうして、しゃがみこんで泣いているわたしの頭をそっとなぜて、
    その頭をやわらかな両手で包み込んだ。
    しゃくりあげるわたしに、その子は、
    小鳥のさえずりのような声で、言った。

    「―ぼくは君がすきだ。
     ゆううつな雨も、ざんこくな風も、つめたい雪も…」

    そのひっそりとしたささやきは、とけては消えて、耳をくすぐっていった。

    「なつめ。よっつのたましいにかけて、君をまもる。
     “フレデリック・フランソワ・ルートヴィヒ…”」

    記憶のかけらはさらさらと遠ざかって、
    わたしはもうなにも覚えていなかった。

    けれど、胸に降ったきらきらしたそれは、なくなったあとも、
    あまくてやさしい、やわらかな音として、
    胸の鼓動と混ざり合っていった。

    その後、わたしは何度もその音を思い返す。
    わたしをいつだって抱きしめてくれる唯一の音色は、
    ずっとむかしから、わたしの胸の中にあったんだって。

    秘密のはなしをしよう。

    遠い未来、その扉をたたくことになる、三人の天使の物語を。

    ひとりはまっさらな白い翼をはやし。
    ひとりはきんいろの大きなベルを手にし。
    さいごのひとりが言う。

    「決めたの。芽衣は女神に、なる!
     ××ちゃんと××ちゃんの、
     おねえちゃんとおにいちゃんの味方になる!
     生まれたとか生まれてないとか、
     生きてるとかそうじゃないとかぜんぜん関係ないよ!
     芽衣がぜんぶ包むから!
     芽衣が、たくさんたくさん、愛しちゃうから!!」

      

        「 “だから、もうね、さびしくないよ!” 」





    まだ誰もしらない、とおいとおい先のお話。

    ―わたしと唯音は、家族になる。




    ☆★ランキングに参加しています!★☆
    ↓ぽちっとクリック・拍手・コメントなどいただけると、
    とっても励みになります!



    br_decobanner_20120205210256.gif




    関連記事
    スポンサーサイト

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する